資料:5件

  • 国際法 期末試験対策
  • - 国際法の「法源」の意味  国際法はどのような形式の法で構成されているか、という問題。国際司法裁判所では「国際法」が裁判の準則であるとし、以下の4つを準則として挙げている。?(係争国が認めた)条約、?国際慣習、?(文明国が認めた)法の一般原則、?(補助手段として)裁判上の..
  • 1,430 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(9,623)
  • 国際法?2005年度第2回中間試験対策(慶應義塾大学, A系列)
  • -国際法主体 国際法上の権利義務の帰属主体 -国家の要件 国家の要件として、?領域、?永続的住民、?政府、?他国との関係を結ぶ能力、の四つがある。モンテビデオ条約によって確立された。 -国の承認(recognition of states) 新たに国際社会に登場した国家に対して、他国がその..
  • 770 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(2,540)
  • 国際法?2005年度第1回中間試験対策(慶應義塾大学, A系列)
  • 1. 国際法の法構造 - マリア・ルース号事件(日本の国際法上の紛争の歴史)  1870年代、帰国途中のペルー船マリア・ルース号が中国人労働者を乗せて横浜に寄港した時、中国人の一人が船から逃れ、イギリス軍艦に助けを求めた。イギリスは当該中国人を日本に引渡したが、日本はマリ..
  • 770 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(3,336)
  • 行政法?課題(慶應義塾大学E系列磯部君)
  • 設問1.  Aは、一級河川に指定されているE川に漁業権を有し、漁業を営む者であるが、最近、E川上流に立地する製紙工場群から流出するヘドロによって漁業に壊滅的な打撃を受けた。この場合、 (イ) Aは、県知事が製糸工場に対し水質汚濁防止法による規制権限を適切に行使しなか..
  • 550 販売中 2005/12/26
  • 閲覧(1,853) コメント(1)
  • 2004年度 オリジナル試験対策 民法?阿久沢 過去問&予想問題
  • 2002年度 1. 中間省略登記の論証 - 中間省略登記の効力 (学説)  確かに、本来登記は実体的権利関係を正確に反映すべきであるから、実体的権利関係に合わない登記には何の効力もないのが原則である。しかし、登記手数料の負担や、手続きの煩雑さを避けるため、中間省略登記は現実..
  • 550 販売中 2005/12/26
  • 閲覧(1,519) コメント(3)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?