資料:2件

  • 差押と相殺の学説について
  • この事例では債権者(国)の差押債権と第三債務者(銀行)による相殺援用が対立しているが、債権者平等の原則から片方に絶対的優位性を認めることはできず、公平に取り扱うことが要請される。この2つを調整しようとしているのが民法511条であると言える。  民法511条には「..
  • 550 販売中 2006/04/22
  • 閲覧(1,432)
  • 差押と相殺の学説について
  • この事例では債権者(国)の差押債権と第三債務者(銀行)による相殺援用が対立しているが、債権者平等の原則から片方に絶対的優位性を認めることはできず、公平に取り扱うことが要請される。この2つを調整しようとしているのが民法511条であると言える。  民法511条には「..
  • 550 販売中 2006/01/16
  • 閲覧(2,611)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?