連関資料 :: 差押と相殺の学説について

資料:48件

  • 差押と相殺の学説について
  • は「支払の差止めを受けた第三債務者は、その“後”に取得した債権による相殺をもって差押債権者に対抗することができない。」とあり、差押よりあとに取得した債権をもって被差押債権との相殺を主張することは認められない。このことから、一応差押相殺に関して利益調整がなされていると考えられる。
  • レポート 法学 差押 相殺 学説
  • 550 販売中 637659/06/23
  • 閲覧(1,556)
  • 相殺差押、債権譲渡
  • 相殺差押・債権譲渡 1 問題の本質  反対債権に第三者の権利関与があった場合に相殺をもって対抗できるかが、相殺差押の問題 【1】一方では、そのような問題にかかわる唯一の規定である511条の解釈論   → しかし、511条は、差押の場合における法定相殺に関する規定であり、この規
  • 相殺 民法 差押え 債権譲渡 論文 判例 ゼミ レジュメ
  • 1,650 販売中 638613/04/10
  • 閲覧(2,791)
  • 相殺制度の意義と問題点について
  • 相殺制度の意義と問題点について述べていくこととする。まず初めに、相殺制度の意義、機能等について述べていき、次に相殺制度に関する判例を用い、最後に相殺制度の問題点について議論していく。 1. 最初に、相殺制度の意義、機能等について述べていく。相殺とは債権消滅原因の一つで、対立する同
  • レポート 法学 相殺 相殺適状 問題点
  • 550 販売中 637671/08/11
  • 閲覧(2,154)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?