一緒に購入された資料 :: 日本の税制と所得税について

資料:15件

  • グローバルについての考察
  • ここ数年の間にマスコミをはじめとして、グローバルという言葉を頻繁に聞くようになった。果たして、社会のグローバル化とはどのようなもので、社会にどのような影響を与えるのだろうか。  まず、近代社会から考えていきたい。近代都市とはそもそも移動者が作り上げた都市であった..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(1,569)
  • 国際社会と日本
  • わが国は第二次世界大戦後、貧困に喘ぎながらも目覚しい経済復興を成し遂げ、世界でも有数の経済大国なった。そして先進国の一員として様々な国際協力を現在行なっている。その主なものは、政府中心のODA(政府開発援助)活動、PKO(国際的平和維持)活動、イラク人道復興支..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(2,413)
  • グローバル化第一期と現代のグローバル化
  • グローバリゼーションは、資本・商品・サービス・労働力・技術といった諸資源ならびに情報の国際的移動の増大といった実態を意味するものと定義する。  19世紀末の世界は、資本、情報、モノ、人の移動によって経済の一体化が進み、少なくとも第一次世界大戦までは貿易、移民、資本..
  • 550 販売中 2005/09/24
  • 閲覧(7,027)
  • 現在の日本ODAに関する考察
  • 日本の国内では、厳しい経済・財政状況を反映して、2002年度ODA予算は対前年度比10.3%減、2003年度は対前年比4.3%減となっている。最新の予算案でも前年比3.8%減の見通しで、16年ぶりにODA予算が8000億円を割り込むことはほぼ確定となった。1兆円を越えていた日本..
  • 550 販売中 2006/02/01
  • 閲覧(2,411)
  • 南北問題と21世紀の日本のあり方
  • 21世紀の世界が抱える問題として、先進国と途上国との格差がある。これは南北問題とし1950年代後半に国連が本格的に取り組み始め、現在ではIMF、世銀、OECD、WTOなどの国際機関において共同援助の態勢を固めている。  この南北問題の発生は、きわめて政治的な性格..
  • 550 販売中 2006/08/13
  • 閲覧(4,063)
  • 21世紀における新たな世界経済のあり方と日本の役割
  • 今後の世界経済の発展を考えるとき、環境問題、人口増加、南北問題を抜きにしては、一歩も進まない。これは国家レベルのみならず、一般庶民である私たちも、その経済活動において同様である。ここでいう経済活動とは、日々の生活のことである。  元来、商売や経済活動は、自分たち..
  • 550 販売中 2006/11/17
  • 閲覧(2,317)
  • 国際協力法「日本のODA腐敗の根本原因」
  • 「国際協力法」レポート  「日本の ODA 腐敗の根本原因」  1、はじめに  日本は今年、終戦から57年目を迎えた。日本全土が焦土と化し、国家体制も経済基盤 も何も持たなかった終戦から半世紀経った現在、日本は世界の経済大国となった。国民一 人当たりの GNP は常に世界トップ..
  • 660 販売中 2008/01/28
  • 閲覧(1,640)
  • 労働経済論1
  • 日本の労働時間の変化について記述する。 1労働時間の短縮  昭和61年4月に中曽根総理に提出された「国際協調のための経済構造調整研究会」の報告書の中で、内需拡大策の一環として「欧米先進国並みの年間結労働時間の実現と週休2日制の早期完全実施]が提言されたことにより、国..
  • 550 販売中 2008/02/19
  • 閲覧(2,140)
  • 財政赤字と日本経済
  • 我が国の財政状況について、財務省のホームページで確認すると、今までの公共工事費と近年の社会保障関係費の増加と税収減で膨らんだ国債残高は547.1兆円で一般会計税収の10年分に相当している。  国・地方を合わせた長期債務残高は、平成19年度末で773 兆円、対GDP 比で148 %にな..
  • 1,100 販売中 2008/02/25
  • 閲覧(1,398)
  • 労使関係論第1回日本の労使協議・団体交渉の特徴について述べよ
  • 日本の労使協議・団体交渉の1つの特徴としては、労働組合の組織的なものがあげられる。労使協議や団体交渉をする組織である労働組合は、欧米先進国では労働者が個々の企業を超えて職業別産業別に組織されている。日本では企業別に組合を組織していてその上に産業別の連合体を結成..
  • 550 販売中 2008/09/05
  • 閲覧(1,617)
  • 労使関係論第2回
  • 労使関係論第2回 日本の賃金制度の特徴と最近の変化について述べよ  賃金とは、労働力が商品であると考えると、労働力の価格であるということができる。その価格というのは商品である労働力を生産するために必要な費用であり、労働力を生産するということは労働者が生活するという..
  • 550 販売中 2008/09/05
  • 閲覧(1,452)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?