資料:9件

  • 行動主義と認知主義が学習の相違について論述せよ
  • 学習理論は二つの主な立場に分類する事が出来る。一つは行動主義心理学に基づく「刺激―反応説」であり、もう一つは認知心理学に基づく「認知説」の立場である。反応説とは、生徒が環境刺激に対して新しい反応を学ぶ事を学習と考える立場であり、一定の刺激と一定の反応との直接的..
  • 550 販売中 2008/09/16
  • 閲覧(11,671)
  • 伝統的CAI、知的CAIについて
  • 学習観は大きく二つに分けることが出来る。受動的な学習と能動的な学習である。受動的な学習は行動主義的な学習観の事で科学的に扱える行動のみを対象に評価や研究を行うのが行動主義の特徴である。伝統的CAIは行動主義に基づいたプログラム学習の考え方を広く活用している。代..
  • 550 販売中 2008/09/16
  • 閲覧(2,383)
  • 総合的学習の時間について
  • まず総合学習とは何であろうか?総合学習は次の3タイプに分類される。?従来の教科等の枠にとらわれず,様々な内容を取り込みながら,子供たちの願いや求めに基づいたテーマを追究する学習。?教師があらかじめ内容の重要性(価値)から判断して決めた総合的なテーマについての学習..
  • 550 販売中 2008/09/16
  • 閲覧(1,263)
  • 人間の発達と学習
  • 人間の「学習」について古くから色々な領域で研究がなされてきた。学習観は大きく二つに分けることが出来る。それは学習者を受動的な存在と見るか、能動的な存在としてとらえるかである。前者においては学習者を知識を流し込まれる器のような存在と捉え、後者においては学習者を自..
  • 550 販売中 2006/07/06
  • 閲覧(2,055) コメント(2)
  • 日本の独自性と普遍性
  • 世界に誇れる日本の独自性と普遍性とは何か?私は以下の様に考えます。  ・血縁関係にない赤の他人も、同じ釜の飯を食べれば家族同様の温かい全人的一体感を持って集団に溶け込む。つまりウチの仲間に入る事が出来る。自分の会社をウチの会社と呼んだり、自分の通う学校をウチの..
  • 550 販売中 2006/07/06
  • 閲覧(1,664) コメント(1)
  • 公民科のあゆみ
  • 戦前の日本には社会科という名称の教科は存在していなかった。日本の近代学校制度を最初に法制化したのが「学制」とそれに基づく「小学教則」であった。地理の分野で「地学大意」や「地理学の大意」、歴史では「史学輪講」、公民の分野では「国体学」、「政体大意」の教科を設置し..
  • 550 販売中 2006/07/06
  • 閲覧(1,316) コメント(1)
  • 学校週五日制について
  • 子どもたちに「ゆとり」を確保する中で、学校・家庭・地域社会が相互に連携しつつ、子どもたちに生活体験、社会体験や自然体験など様々な活動を経験させ、自ら学び自ら考える力や豊かな人間性などの「生きる力」を育むため、完全学校週5日制の実施が提言されました。又、五日制の..
  • 550 販売中 2006/07/06
  • 閲覧(1,205)
  • 道徳の時間の役割を説明しなさい。
  • 今日の経済の高度成長にともなう社会・家庭の構造的変化(都市化・核家族化)、その事に起因する家庭や地域社会の教育力の低下、学校教育における業績主義・能力主義の一面的な貫徹とその歪み、フリーター・ニートの増加、これらの事と青少年の道徳性の欠如、無気力、いじめ、不登..
  • 550 販売中 2006/07/06
  • 閲覧(2,123) コメント(3)
  • 道徳教育の歩みについて
  • 道徳教育の歴史は大きく二つに分ける事が出来る。一つは明治から始まり第二次世界大戦が終結するまでの国家主義的道徳教育の時代。もう一つは戦後から今に至るまでの民主主義的道徳教育の時代である。では順をおって道徳教育の歴史を紐といてみよう。  1872年の学生発布により、日..
  • 550 販売中 2006/07/06
  • 閲覧(1,687) コメント(2)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?