資料:15件

  • 神祇信仰と仏教の関係について
  • 神仏習合とは、土着の神祇信仰と仏教信仰を折衷して、一つの信仰体系として再構成すること。広義では、仏教が広まった世界各地で土着の信仰との間で起こった現象をさし、狭義ではその中で特に日本で起こった現象を指し、一般的に後者を意味する。 仏教はキリスト教やイスラム教な..
  • 550 販売中 2006/07/07
  • 閲覧(5,784) コメント(1)
  • 政教分離の諸相
  • 政教分離とは「近代国家における国家制度と宗教団体の分離の原則と国教制度の否定。国その他の公の機関が、国権行使の場面において、宗教に介入し、または関与することを排除する趣旨」であるといえる。世界で始めて憲法での国教否定をしたアメリカの宗教分離は特定の教派への偏り..
  • 550 販売中 2006/07/07
  • 閲覧(2,370) コメント(3)
  • 日本人の宗教観とその内実
  • 日本人の多くは自分たちの宗教が何かと聞かれたときに、『無宗教』という言葉を掲げる。ただ、冠婚葬祭・墓参り・その他諸々の行為に代表されるように、日本人に宗教心が無いわけではない、むしろ強い方だ。特定の宗派・既成宗教の枠にはめられるのを嫌っているだけなのである。こ..
  • 550 販売中 2006/07/07
  • 閲覧(3,494) コメント(4)
  • ロックにおける人間悟性の批判的考察について
  • ロックは人間の観念の由来と観念(感覚)の性質についてという問題を解明しようとした。が、その前に留意しておくべきなのは、ロックの哲学の意義は「経験主義」を明確に打ち出したということである。実体と観念を説明するに当たり、デカルトなどが神を利用しつつも合理主義的に生得..
  • 550 販売中 2006/07/07
  • 閲覧(1,451) コメント(24)
  • レヴィナスにおける死と時間〜ハイデガーとの対比〜
  • レヴィナスにおける死と時間の概念について、著書『時間と他者』に沿った形で、ハイデガーと対比しつつ考察するとする。 レヴィナスの「死」の考え方はどういったものだったか。まず、「主体」についてであるが、レヴィナスは「主体」は自己によって制限・閉塞されているものとし..
  • 550 販売中 2006/07/07
  • 閲覧(3,627)
  • ミシェル・フーコー「狂気の歴史」
  • フーコーによれば西欧世界における狂気の歴史は、歴史的に3つの段階を経て現在に至るという。 第一段階、ルネサンス期である十四世紀から十六世紀にかけて、狂人たちははるかに社会に溶け込み、受け入れられていた。この時代、狂気は無秩序の証ではあるが、それゆえ文化を担う積..
  • 550 販売中 2006/07/07
  • 閲覧(6,782) コメント(1)
  • バタイユの非生産的消費論
  • バタイユは普遍経済学の諸法則を説明するために、生命(生物)のエネルギーの剰余について述べている。おおよそ全ての生物の生命活動においての基本は剰余エネルギーにこそある。剰余エネルギーといってもその形態は様々であるが、バタイユはその過剰発展の根源は太陽エネルギーだと..
  • 550 販売中 2006/07/07
  • 閲覧(1,934)
  • デカルトの考察
  • デカルトの倫理思想について、特に著書『省察』の内容について考えてみるとする。 まず、デカルトであるが、1596年フランスに生まれるが、この頃はヨーロッパの「科学革命」の只中であった。そのため彼は機械論的自然学の体系化や、幾何学と代数学の総合を成し遂げるとともに、さ..
  • 550 販売中 2006/07/07
  • 閲覧(4,870) コメント(1)
  • キルケゴール、実存の三段階
  • キルケゴールは人間の真実の生き方の過程として実存の三段階を述べている。キルケゴールは『実存の段階には三つある。すなわち美的段階、倫理的段階、宗教的段階である。これらに対応して二つの境界線がある。すなわち、イロニーが美的段階および倫理的段階の間の、フモール(諧謔..
  • 550 販売中 2006/02/16
  • 閲覧(10,944)
  • カント純粋理性批判における先天的総合判断と先験的演繹について
  • 先天的総合判断。すべての認識は経験からはじまるという点では経験論を支持する。しかし、経験からは普遍的概念をもつものを捉えきることはできない、だとしたら、これらの対象の実在を保証するものは何か、なぜ我々が知覚できないものが実在するといえるのか。ここでカントは「先..
  • 550 販売中 2006/01/22
  • 閲覧(4,040) コメント(1)
  • カント哲学
  • カント Immanuel Kant 1724〜1804 ドイツ啓蒙期の哲学者。カントは、もっとも影響力の大きかった近代思想家のひとりである。彼は人間の認識能力をみきわめることを追求した。81年、「純粋理性批判」によって、合理主義と経験主義を総合した超越論主義を主張。つづいて、88年「実践..
  • 550 販売中 2006/01/22
  • 閲覧(10,110) コメント(6)
  • アウグスティヌスにおける悪と自由意志
  • まず、「悪」の問題に関する中世哲学者たちの一般的な考えは『悪は善の欠如である』という考え方である。アウグスティヌスも「悪は善の欠如であって、自由意志より生ずる」と述べている。アウグスティヌスの考え方では善というのは神の善性によるものであり、それは絶対に不変的な..
  • 550 販売中 2006/01/22
  • 閲覧(10,905) コメント(2)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?