firstsさんの資料 / タグ / レポート

資料:43件

  • 怨霊について
  • 「京都異界実地調査」で早良親王が祭られている上御霊神社を調べてきたので、今回の授業レポートはその延長、怨霊について書くことにした。 平安時代の人々は御霊信仰を生活の規範にしていた。たとえば結婚式は大安の日に行い、友引の日は葬式をしないなど、いくつかの習慣は現代..
  • 550 販売中 2006/04/06
  • 閲覧(1,528)
  • 秦帝国の盛衰
  • 1.秦王国から秦帝国へ  中国史上初の統一王朝である秦帝国は、もともと西周時代に現在の陝西省附近に起こった国である。はっきりした起源は不明であるが、その後戦国時代、紀元前324年に恵文王(26代目秦公)が始めて「王」を名乗り、王国となる。  後の始皇帝、秦王政が即位..
  • 550 販売中 2006/03/10
  • 閲覧(2,319) コメント(2) 1
  • 焚書・坑儒
  • 焚書・坑儒は、共に言わずと知れた始皇帝の暴政の代表格である。しかしこの行いを並べて、始皇帝による儒学者への思想弾圧とするのは疑わしい。なぜなら、「焚書」と「坑儒」は、対象となった人々がまったく別のものだったからである。 【焚書】  まず「焚書」は、かなり乱暴な方..
  • 550 販売中 2006/03/10
  • 閲覧(1,963) コメント(1)
  • 「六鎮の乱」および武川鎮軍閥
  • 「六鎮」とは、北魏前期、首都である平城を北方の異民族から防衛することを重要視した政府によって、万里の長城に沿って置かれた六つの駐屯地(鎮)、懐朔鎮・武川鎮・撫冥鎮・柔玄鎮・沃野鎮・懐荒鎮の総称である。「鎮」自体は他の地域に対してもそれぞれの国境に多く置かれたが..
  • 550 販売中 2006/03/07
  • 閲覧(3,422)
  • 捨身の概念
  • 捨身の始まりは5世紀初頭頃とされている。法隆寺の“玉虫厨子”の捨身飼虎図や仏典である『ジャータカ』の一節にその様子がうかがえる。 捨身という行為は意味的に大きく四つに分けられる。本来の原義的な考えでは、捨身は他者のためや仏法供養のため、求法のため、あるいは肉体..
  • 550 販売中 2006/03/07
  • 閲覧(1,179) コメント(1)
  • 資料組織概説 目録
  • ある文献・資料を配列、編成するとき、二通りの目録規則が存在する。一つは、一つ一つの資料に対してそのタイトルや内容、形状を初めとする書誌的事項などを、その資料に対する明確なイメージが得られるように詳細に、かつ適切に表現する方法である。これは対象の資料を他の資料と..
  • 550 販売中 2006/02/23
  • 閲覧(1,273)
  • 資料組織概説 分類
  • 分類とは、突き詰めて言えば、もの・こと・現象を似たもの同士で分けてまとめることである。 「分ける」こと、つまり分類を考えるには、分類の対象となる事物を正確、確実に認識・把握し、それらの間に共通している特徴を見出すことによってそれらを「種類」としてとらえることが..
  • 550 販売中 2006/02/23
  • 閲覧(1,704)
  • 資料組織概説 件名
  • 件名とは、主題または文献・資料の形式を表す言葉などの総称、いわゆるキーワードである。それぞれの文献・資料の主題に対して与えた件名を目録の見出し語とし、その順番(音順・字順)によって配列したものを件名目録という。対象となる一つの文献・資料の中に複数の主題が含まれ..
  • 550 販売中 2006/02/23
  • 閲覧(1,568)
  • 日本の古典文学と鬼
  • 『安義橋』・『宇多郡』・『羅城門』の鬼の違い  まず初めに目に付くのは鬼の登場の仕方である。『安義橋』では、鬼は女に化けて初めから橋の上にいた。『宇多郡』では、突如空が掻き曇り、空中から腕が現れて渡辺綱の髪を掴んで引きずり上げた。そして『羅城門』では、しるしの札..
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(3,657) コメント(2)
  • 武家諸法度寛永令について
  • 演習中に私たちが調べたのは、武家諸法度の寛永令だった。寛永令は一六一五年の武家諸法度を大幅に改定したもので、三代将軍徳川家光の時代に制定されたものである。新しい時勢に対応するための具体的な規定が定められ、法律による大名の統制はより一層厳しいものになった。 1 文..
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(3,266) コメント(1)
  • 鄭和と南海遠征
  • 鄭和は明代初期の宦官で、かつ武将である。本名は馬、初名は三保で、雲南生まれのイスラム教徒だった。燕王、すなわち後の永楽帝につかえ、靖難の役が起こると燕王に従って軍功を立てたため、大いに燕王の信頼を得てその即位後の永楽二年(一四〇四)には内官監太監に抜擢され、鄭..
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(2,434)
  • ヘシオドスとその著書について
  • ヘシオドスは古代ギリシアの叙事詩人である。生没年ともに不明であるが、紀元前700年ごろに活動したと推定されている。父は小アジアのキュメで商業を営んでいたが、成功せず,ボイオティアに帰ってアスクラで土地の所有者となった。父の死後はその遺産をめぐって、弟(兄?)ペルセ..
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(1,388) コメント(1)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?