hapisareさん累積訪問者(35,131名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:9件

  • 原因において自由な行為
  • 責任能力が欠如するときは、違法行為に出たことについての法的非難が不可能であるから、犯罪は成立しない。責任能力が著しく低減するとき、犯罪は成立するが、刑は必ず減刑される(39条参照)。しかし、構成要件に直接的に該当する行為(結果犯の場合であれば、最終的な結果惹起
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(2,915)
  • 日本への陪審制の導入について
  • 序  近年、司法改革が議論される際に、法曹一元などに加えて陪審制も議論の対象となっている。しかし、いまだに反対論は根強く、先行きは不透明なままである。本論では、まず、『外国法』(戒能道厚、広瀬清吾、岩波書店、1991年)の中のウィルクス事件と陪審制についての
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(1,946)
  • 川勝平太『富国有徳論』を読んで
  • 冒頭から次のような言葉が出てきて、うんざりする。  明治の指導者は日本百年の大計として富国強兵をかかげました。現代の観点からその批判をおこなうのはたやすいでしょう。しかし、その国是のもとに、日本は、ほかのアジアのほとんどの地域が植民地になるなかにあって、ひと
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(4,932)
  • 犯罪原因論と犯罪者処遇の現在
  • 序  犯罪の原因は何かという問題は、古来、人々の関心の対象であったし、今日もそうである。われわれは、凶悪な犯罪が起きると、何とかその原因を知り、同種の犯罪を防止したいと思う。犯罪学においても、その誕生以来、関心の対象であり続けている。犯罪の原因についての見解
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(4,109)
  • 不能犯
  • はじめに  不能犯に関する現在の通説である具体的危険説は、以前からその問題性を指摘され続けてきたが、その批判者である客観的危険説は、判断基準として採用するにはあまりに不明確であったために、具体的危険説の優位を崩せずにいた。しかし、ここにきて、その内容を明確化し
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(3,726)
  • 死刑存廃論について
  • 死刑については、存置論と廃止論がいまもなお対立している。以下で、いくつかの論点を検討する。  第一に、死刑が応報刑論から必然的に導き出されるという見解は正しいか。思うに、死刑の存廃はそれぞれの刑罰理論から必然的に導き出されうる結論ではない。応報刑論を採ると
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(7,576)
  • 少年と責任能力の要否の裁判例
  • ? 静岡家裁 平7年12月15日決定(家庭裁判月報48巻6号75頁) 〈事実〉  少年は、…少年の祖母B子(当時70歳)に対し殺意を抱き、同女の左上腕を所携の包丁で切りつけたが、同女が身の危険を察知し、逃走したために全治約1ヶ月の左上腕部刺創を負わせるに止
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(1,948)
  • 戦後日本政治の特徴
  • 1.55年体制とはいかなる政治システムか  55年体制とは、1955年に自由民主党と日本社会党の2つの政党によって形成され、1993年まで続いた現代日本の政治システムであり、狭義では自社対立の政治体制を指し、保守・革新の二大政党制を土台にした戦後日本政治の構
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(16,034)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?