資料:10件

  • 理科における地域の自然の教材化の必要性
  • 1.自然と理科教育 理科教育は、自然の探求である。子どもが自然に働きかけ、自然そのものから学び取るという相互作用の中で、問題解決能力や科学的なものの見方・考え方を養っていく。日本の国土は地理上様々な気候が存在し、そこに存在する自然や自然現象は地域によって様々で..
  • 550 販売中 2006/05/15
  • 閲覧(2,034)
  • 知識注入型の理科教育の批判
  • 人間は自然に積極的に働きかけることで、自然から身を守り、自然をうまく利用してきた。その中で生まれた英知の一つ一つが自然科学となった。自然の中で人間として、人間らしく生きること、それが人間教育の原点である。そしてその一端を担うのが理科教育である。しかし、理科教育..
  • 550 販売中 2006/05/15
  • 閲覧(1,631) コメント(1)
  • 読むこと「大造じいさんとがん」」の事例と教材文の教えたい事柄とその指導方法
  • 本作品はある沼地を舞台に、生存をかけて戦い続ける大造じいさんとがんの残雪の生きざまを通して、自然の中で生き、生かされていく人間の姿、そして人間の深い思いやりや心の美しさを描いた物語教材である。 このような物語文を学習する意義は、優れた叙述を味わいながら、登場人..
  • 550 販売中 2006/05/15
  • 閲覧(2,434) コメント(3)
  • 小学校における教育相談の留意点
  • いじめは学校における最も深刻で、かつ日常的に起こりうる問題の一つである。被害者の心身の苦痛は計り知れず、長期にわたって後遺症を残すことも多い。加害者にとっても、葛藤やストレスを攻撃という形で解決することは、そいじめは学校における最も深刻で、かつ日常的に起こりう..
  • 550 販売中 2006/05/15
  • 閲覧(1,623) コメント(1)
  • 小学校における生徒指導は何を目指したものか
  • 小学校は、児童の発達段階から見ると、児童期から青年期前期への大きな変化のある時期である。知的好奇心の強さから様々なことに意欲的に挑戦し、一方で仲間関係の発展の中で社会性も養われる。さらに心理的離乳が進み、次第に自分の内面へと目が向けられるようになる。小学校の生..
  • 550 販売中 2006/05/15
  • 閲覧(1,145)
  • 自立・個・identityとは何か
  • 人間とは「社会的存在として人格を中心に考えたひと、またその全体」という意味であるらしい。「人」という漢字からもわかるように我々は誰か他の人や集団と支え合って生きている存在である。生きている限り、我々は必ずどこかの集団に属していることになり、そこには自分がその集..
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(1,294) コメント(1)
  • 外国語教育のあり方
  • 日本では文法と和訳に重点を置くGrammer-Translation Methodが今でも根強く各地に残っている。文法・法則・例外などの暗記にかなりの時間をかけ、例文のリーディングをした後に母国語に置き換えてその意味を把握しようとするのだが、その方法上さまざまな問題点がある。まず第一に..
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(1,108)
  • 生涯学習社会における教育への取り組み
  • 「乳幼児から老年にいたるまでの教育のあり方を、旧来のように家庭教育、学校教育、社会教育という具合に分けてばらばらに考えるのではなく、実社会と遊離しがちな学校教育を社会に結び付いたものにするとともに社会の諸制度を教育的に整序しつつ、両者のもつ教育的機能・作用を、..
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(1,426)
  • 国際化の中での英語教育のあり方
  • ■世界を取り巻く現状  経済の発展や科学技術の進歩に伴い、現代社会は情報化・国際化が急速に進み、国家間におけるさまざまな交流が増大し、「ボーダーレス時代」と言われている。このような社会の変化は、各国間を結ぶ時間的な距離を短縮し、異文化に接する機会や密度を増してい..
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(1,275)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?