資料:7件

  • 重商主義・自由主義・帝国主義の概要及び今日的意義について
  • 1 重商主義について  重商主義とは、16世紀から17世紀頃の西ヨーロッパ諸国で統一的民族国家が成立したときに、国家の建設と国民経済の確立のため等しく行った経済政策体系の総称と考えられている。重商主義政策は、商業資本を中心としていた資本主義を、国富の増進と国民経..
  • 550 販売中 2006/02/27
  • 閲覧(3,454) コメント(4)
  • 製造業の産業空洞化について
  • 製造業の空洞化が問題になるのは、競争力の低下や海外への生産移転によって国内生産が縮小し、雇用や所得が失われてしまうからである。輸入が増え輸出が減少しても、国内需要がそれ以上に拡大していれば、国内生産は増加し、雇用も所得も増大していく。  空洞化は国内需要成長の低..
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(2,218) コメント(3)
  • マルクスの価値形態論と貨幣の諸機能について
  • 商品の価値というのは、その商品の孤立した存在では認識できないものであり、あるものの使用価値である物理的な属性しか表現されないため、その価値と価値の大きさはそこでは確かめようがない。商品がその価値と価値の大きさを表現できるのは、他のある商品との交換関係時において..
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(6,566) コメント(4)
  • 19世紀末の「限界革命」から20世紀までの諸経済理論について
  • 1870年代に起こった限界革命は、限界効用理論に基づく価値理論がジェヴォンズ、メンガー、ワルラスによりそれぞれ独自に、しかもほぼ同時期に展開され、近代経済学の基礎が築かれた。古典派経済学では、主に価値の源泉を労働に求める考え方に基づいて展開されていたが、ジェヴ..
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(2,873) コメント(1)
  • 経済学の発生から古典派経済学の解体に至るまでについて
  • 17世紀の前半のイギリスでは、金銀が外国に流出したため通貨が不足し、それが国内不況の原因であると考えられていた。金銀流出の原因として為替レートの過小と東インド会社を問題にしたマリーンズに対し、マンは外国為替が貿易差額を決定するのではなく、財に対する国際市場での..
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(1,704) コメント(1)
  • 第二次世界大戦後の日本経済の特色
  • 1 はじめに  戦後、日本の国民経済は基本的にアメリカの世界政策に従属的であったため、アメリカの占領政策により決定され、独立後においてもアメリカの世界政策の影響を受けていた。そのため、アメリカの対外政策の変化、すなわち世界政治情勢の変化に対して大きな影響を受ける..
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(5,274) コメント(1)
  • ケインズの均衡国民所得の決定及び不完全雇用均衡への対策について
  • 商品の需要は、自動的に完全雇用を達成するように調整されることはない。これは、投資需要の大きさを完全に外生的に与えることで表現できる。この外生的な需要の変化が、どれほど国民所得の変化をもたらすかということを考えると、独立需要と誘発需要の区別が重要なことがわかる。..
  • 550 販売中 2006/02/13
  • 閲覧(2,555)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?