資料:7件

  • 問題演習 94条2項類推適用
  • Aの唯一の身寄りである息子Bは、Aから経営を引き継いだ会社の資金繰りのために、自己名義の土地に抵当権を設定して銀行から融資を受けた。その後、Bは更に将来融資してもらうために、自己の信用を見かけ上増大させておくことを思いつき、最近判断能力が鈍ってきたから預けておくと..
  • 550 販売中 2006/05/10
  • 閲覧(1,157)
  • 問題演習 代理+その他
  • 体の具合の悪いおじAの面倒を見ていたBは、Aから頼まれてAの有する土地に抵当権を設定してC銀行から1億円を借り入れる代理権を与えられ、Cから1億円の交付を受けて、これをAに渡すとともに、Aの土地に抵当権が設定された。弁済期日がきてC銀行がAに1億円の返済を請求..
  • 550 販売中 2006/05/10
  • 閲覧(793)
  • 問題演習 錯誤
  • Aは歳もとり、健康のために騒々しい街中を離れて静かな郊外に転居しようと思い、丁度逆の希望をもっているというBが売却の仲介を依頼し、代理権を与えていたC不動産会社に紹介されて、Bが郊外に所有する土地と自己所有のマンションを交換することになった。ところがその後Aが..
  • 550 販売中 2006/05/10
  • 閲覧(583)
  • 問題演習 無権代理
  • Aは老人性痴呆症におちいり、判断能力が低下し寝たきりの状態であった。Aの息子Bは、Aが有する登記関係の書類等を利用して、Aの代理人と称して、Bが経営する会社の運営資金のためC銀行から借り入れた1000万円の担保としてA所有の土地に抵当権を設定した。その後Bが死..
  • 550 販売中 2006/05/10
  • 閲覧(886)
  • 問題演習 権利能力なき社団+その他
  • A環境保護団体は、法人格を持たない社団であった。この団体は、野鳥の楽園を作ろうと計画し、B企業の工場跡地を購入して、不動産登記名義を代表者C名義とした。ところが、この土地をCは自分の経営するD会社の資金繰りのために、事情を知らないEに売却し、登記もEに移転した..
  • 550 販売中 2006/05/10
  • 閲覧(726)
  • 問題演習 意思無能力者
  • Aは登山での転落事故により頭部に障害を負い、意思無能力者になった。Aの妻Bは、Aの事実上の後見人として、ABが居住してきたA名義の本件土地建物をC不動産業者に5000万円で売却する契約をA名義で行った(バブル経済時に1億円で購入した不動産である)。Aの唯一の親族で..
  • 550 販売中 2006/05/10
  • 閲覧(709)
  • 問題演習 公序良俗
  • その後Aがこの債権譲渡の件につきBに通知したところBからは特に異議も出されなかった。その後CがBの弁済期になって100万円の支払いを請求したところ、BはもともとBがAに負っていた債務は賭博による債務であるから、この債務は公序良俗に反して無効であり、従ってCに対..
  • 550 販売中 2006/05/10
  • 閲覧(1,061)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?