資料:3件

  • 方法の錯誤と不作為犯
  • 甲は、Aを殺害しようとしてピストルを発射したところ、Aをはずれ、側にいたBに当たり、重傷を負わせてしまった。Aが逃げ去った後、倒れた人を見て無関 係のBに重傷を負わせたことに驚いた甲は、すぐさま自分の車にBを乗せ、病院に向かったのだが、Bが意識を失っているのを幸い、こ..
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,239)
  • 死と臓器移植法が持つ問題点
  • 1、規範は「死」を決められるか  この章では、「脳死は人の死か」をテーマに、脳死は人の死と認められるか否か、どちらが正しいのかについて考察している。筆者はまず、脳死についての議論が対立しているのは規範的な「正しさ」と事実的な「正しさ」をはっきりさせていかないから..
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(2,973) コメント(2)
  • 死刑存廃の是非
  • はじめに 日本の死刑制度は3世紀の中ごろから刑罰として存在していたことが「魏志倭人伝」によりうかがえる。また、701年の「大宝律令」によって初めて法文化された。(1)このように我が国における死刑の歴史はとても長いが、古代社会の死刑は威嚇、復讐のためとして国家の名に..
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(5,048) コメント(2) 1

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?