一緒に購入された資料 :: 「乳幼児期から老年期に至るまでの発達の特徴やプロセスについて述べなさい。」

資料:5件

  • 青年期における親への愛着が新しい対人関係構築に与える影響
  • 人間は他者との関係を築こうとするとき,個人によってある一貫した傾向が見られるようである.このことに関しては,Bowlbyの愛着理論と内的ワーキングモデルによって説明されている.愛着とは,“ある特定の対象との間に形成される愛情の絆”である(鳥丸,2001).生まれてから最...
  • 550 販売中 2006/02/01
  • 閲覧(4,004)
  • 家族関係論
  • 1.残された課題−養育機能の終了とその後 ●親の子離れ 子が思春期になり自我同一性が形成されてくると、親は子の養育責任から解放されて、子離れを果たしてゆく。しかし最近は、子が家を離れず、生活は親に依存している場合が少なくない。子離れを支えるのは、関心の主軸を親...
  • 550 販売中 2006/02/11
  • 閲覧(7,730)
  • 青年期の対人関係の現状と良好な関係を築くための方策について
  • 青年期のアイデンティティ形成を支えている社会的要因の中でも、とりわけ仲間集団と親は青年に大きな影響力を持つとされる。対人関係を通して自己を認知・理解し、自分を受け入れていく。他人に対してもまた同様であり、最終的に行き着くところには受容という概念がある。仲間関係...
  • 550 販売中 2006/04/17
  • 閲覧(5,067)
  • 発達心理学1
  • 乳児期から老年期に至る発達の特徴について述べよ 人は誕生から死に至るまで大きく身体的、精神的、知能的、また社会的な変化をしつづける。その変化を発達としてとらえ、エリクソンの発達段階説を中心において考察を行う。 エリクソンは人間の自我の形成と社会の関わりに着目し...
  • 550 販売中 2007/11/13
  • 閲覧(6,724)
  • 「社会環境と発達病理について述べなさい。」
  • 「社会環境と発達病理について述べなさい。」 人とは環境との相互作用によって,生涯発達しながら生きていく動物である。その過程で,肉体的な病気に1度もかからず一生を終える人はいないはずである。病気に原因があるように,心や社会の病気にも原因はあるはずである。 発達病理...
  • 550 販売中 2007/11/12
  • 閲覧(2,769)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?