資料:16件

  • 保育界における今日的問題とそれについての展望と所見
  • 近年、テレビや新聞などで虐待という言葉をよく耳にするようになった。現在、虐待の増加が大きな社会問題となり深刻、複雑化している。虐待が特に表面化するようになったのは、2000年、児童虐待の防止等に関する法律が施行されてからである。こういった社会現象から、虐待への関心..
  • 550 販売中 2006/08/04
  • 閲覧(1,436) コメント(2)
  • 遊びの総合的指導
  • 幼児期は、大人への依存と信頼を基盤とし、情緒を安定させて自立に向かう時期であり、その過程で、幼児は、生活や同年代の幼児との遊びの中で具体的な体験を通して、社会で生きるための最も基本となる自立的な生活態度や社会性を獲得していく。このような幼児期は、生涯にわたる人..
  • 550 販売中 2006/08/04
  • 閲覧(4,760) コメント(4)
  • 1人1人の発達の理解
  • 人間は、一人一人生まれながらにして個人差がある。この個人差は、成長とともにますます顕著になり、やがて個性を形成していく。幼児が集団教育で社会化されていくと、その程度とパターンに個人差と個性が見出されるが、さらに自我に目覚めるにつれてそれを伸ばそうとする個性化が..
  • 550 販売中 2006/08/04
  • 閲覧(1,281)
  • 幼児期に培う「生きる力」
  • 幼児期は、人格形成の基礎が培われる時期であり、後の児童期や青年期の人格形成にも大きな影響を及ぼすことから、発達上きわめて重要な意味を持つ。一般にこの時期の基本的特徴として、発達の未分化性、発達速度の速いこと、可塑性に富むことの3つが挙げられる。発達の未分化性と..
  • 550 販売中 2006/08/04
  • 閲覧(3,119) コメント(2)
  • 学校はいかにあるべきか
  • 近年、社会が工業化から情報化へ大きく変貌するにつれ、子どもたちをとりまく環境も大きく変わってきた。ゆとりのない生活、核家族化や少子化の進行や父親の存在感の希薄化、過保護や放任、虐待増加、地域連帯感の希薄化などによる社会性の不足や倫理観の低下、自立の遅れ、健康や..
  • 550 販売中 2006/08/04
  • 閲覧(1,225) コメント(1)
  • 国際化社会への対応と教育
  • 近年の世界における相互依存の発展、国際交流の拡大は、さまざまな分野での国際化を進展させている。社会経済を動かす金、物、情報、それを扱う人が国境を越え、広く行き交い、世界的規模にまで広がっている。アメリカの経済の動向が日本の経済を左右したり、日本の多くの企業が外..
  • 550 販売中 2006/08/04
  • 閲覧(2,191) コメント(5)
  • 「バロック音楽」の形態および音楽上の特徴について
  • バロック音楽とは、ルネサンス音楽時代の終了する1600年頃から、J.S.バッハの死去した1750年代までの約150年間のヨーロッパ音楽のことをいう。 バロックという言葉は、「歪んだ真珠」を意味するポルトガル語Baroccoという単語に由来するとされる。フランス古典派の人が、この時代..
  • 550 販売中 2006/08/04
  • 閲覧(3,503)
  • 「思いやり」の発達における受容体験と葛藤体験の重要性
  • 思いやりの発達は、乳児期における周囲の大人から受容される体験、つまり暖かさやおおらかさといった情操面の表現を受けることにより実現されると考えられる。子どもは、「受容体験」を通し、人見知り・母子分離不安を経て大人への信頼感を形成し、情緒が安定する。情緒の安定とは..
  • 550 販売中 2006/07/10
  • 閲覧(3,319)
  • 「思いやり」行動における縦断的研究と横断的研究の意義
  • 思いやりは、人と人が共に生きていくうえで、必要な心の働きである。幼児の行動観察は、ある特定の時期に観察し、行動を抽出しても、適切な思いやり行動として採取できない場合がある。また、観察の視点では、思いやり行動と直接結びつかないような行動も、次の段階での思いやりの..
  • 550 販売中 2006/07/10
  • 閲覧(1,792) コメント(1)
  • ピアジェの「具体的操作の段階」について
  • 具体的操作期とは、6歳前後から11歳前後にかけての児童期の知的発達を特徴づけるもののことである。この時期には、2〜5歳の見た実物をイメージ的に再現したり、言語を使って外界を整理し理解するという前操作期までに生じた思考活動に、可逆性(否定と逆)や相補性が加わり、実際の..
  • 550 販売中 2006/07/10
  • 閲覧(18,366) コメント(1)
  • 乳・幼児期における愛着と自立について
  • 人間の赤ちゃんは、特定の対象に接近・接触を求める傾向がある。20世紀中頃まで、こういった傾向は、「依存」と呼ばれ、否定的な意味で捉えられていた。なぜなら、こういった状態を早く脱却することによって自立へとつながると考えられていたからである。しかし、60年代、ボウルビ..
  • 550 販売中 2006/07/10
  • 閲覧(2,301) コメント(1)
  • 幼児の基本的生活習慣のつけ方と幼児の自立について
  • 幼児期は、基本的生活習慣を身につける大切な時期である。基本的生活習慣とは、具体的には食事・衣服の着脱・身の周りを清潔にするなど生活に必要な活動のことである。これらの活動の習熟を支えているのは、子どもたちの意欲である。子供たちは、興味のあること、好きなこと、誉め..
  • 550 販売中 2006/04/26
  • 閲覧(14,203) コメント(2) 1

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?