資料:7件

  • 講義の感想
  • この講義の中で1番驚いたのは、「体育のルールは相対的でわかりにくい」という例でした。ある時はボールを蹴っても良く、ある時は蹴ってはいけないというのが例に挙がっていました。子どもに接する時はそうですが、特に高機能自閉症の子どもの場合は、例外をつくらないように気を..
  • 550 販売中 2006/05/13
  • 閲覧(1,661) コメント(17)
  • 盲・聾・養護学校の教育課程の編成
  • 実際の指導における特徴(知的障害の場合)は、以下のようにまとめられるだろう。 1.領域・教科を合わせた指導を行う事ができることとなっている。 2.重複障害、訪問教育の場合、個々の児童生徒の障がいの状態に応じて、適切な教育課程を編成することができるという特例が定..
  • 550 販売中 2006/05/06
  • 閲覧(931) コメント(1)
  • 発達臨床心理学
  • ●授業中のクラスのざわめきが気になる。先生の話を聞こうとすればするほど、周囲 の話し声、物音が気になってくる。耐えられない時は教室を飛び出してしまう。『どうしてみんなは僕みたいに静かにできないんだ。』と言って怒る。このケースにどう 対処するか。
  • 550 販売中 2006/05/06
  • 閲覧(772)
  • 「発達障害」の発達とは何か?
  • その共通の過程には、目に見えてわかる大きな変化が存在する。例えば、ハイハイできるようになる、一語文を話せるようになるなどの、成長の印とも言えるイベントである。しかし、目に見える成長の前には、目には見えないが次のイベントまでのために力を溜める時期が、必ずあるので..
  • 550 販売中 2006/05/06
  • 閲覧(874)
  • 統合保育
  • 私は障害を持っているという理由で教育が無意味であると考え、それを怠るのは間違っていると考えています。できないからといって刺激を与えずにいれば、その子はそのままできないままです。ここで言う刺激とは、一般的に言われている「健常な子どもたち」と共に過ごすという、まさ..
  • 550 販売中 2006/05/06
  • 閲覧(2,245)
  • 学校で学ぶ意味と、そのあり方
  • ◦レポートのテーマ  学校で学ぶことの意味と、そのあり方  ◦テーマ設定の理由  学習・授業論の講義では、「学び」について触れられていたと思うので、このレポートではそれをさらに「学校での学び」と少し狭めて私の考えを述べます。あえて「学校での」という条件..
  • 550 販売中 2006/05/05
  • 閲覧(2,535)
  • 学力調査を読み解く
  • 私は『希望をつむぐ学力』の「学力調査に見る日本の子どもたちの学力実態最近のPISA・TIMSS・文部科学省の調査結果から」を読んだ時、全体として著者の論に異議はありませんでした。しかし、PISAとTIMSSから提示されているデータとして3つ挙げている内の最後の3つ目、つまり「三..
  • 550 販売中 2006/05/05
  • 閲覧(979)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?