資料:7件

  • 法学(1分冊)
  • 法の解釈とは、実定法に含まれている法規範の意義を明確にすることをいう。合理的な決定に到達するための法分野の実践的議論の一分野が法の解釈である。もとよりの法の解釈は、法全般の共通の問題であるが、その方法は、民事法(民法)と刑事法(刑法)とでは異なっている。 刑事法..
  • 550 販売中 2008/06/04
  • 閲覧(879)
  • 教育学特殊講義A(スクーリング)
  • 『保育者にとっての援助とは』 保育とは保育者がやりたいことを子どもに無理にさせるのではなく、保育者がこうさせたいという期待を持ち、あくまでも子どもが中心となって活動することが基本である。保育者は、目標とする期待する成長像に近づけるように、うまく子どもを導いていく..
  • 550 販売中 2008/06/04
  • 閲覧(764)
  • 幼児理解と教育相談(2分冊)
  • しいと思う姿もあるであろう。これは、保育者の価値観により、そう判断している面が大きい。幼児の望ましい行動ではない行動に、保育者は注意を向けそれを正そうとしがちである。 しかし、そこには幼児なりのの思いを体で発散するようになってしまった。遊び中でも「貸して」と言葉..
  • 550 販売中 2008/05/31
  • 閲覧(1,492)
  • 生徒理解と教育相談(2分冊)
  • 共感的理解とは、相手の立場に立って物事を考えたり当事者の心情を思いやったりすることである。相手の感情に近づき、共に感じ、その深さを理解することである。「社会的感受性」や「感情移入能力」ともいわれている。 最近は、子ども達を取り巻く環境が大きく変化し、少子化問題や..
  • 550 販売中 2008/03/18
  • 閲覧(2,283)
  • 人間の発達と学習(1分冊)
  • はじめに、子どもが生まれながらにして持つ能動性について考えていく。  赤ちゃんが授乳の際に、母親の揺さぶるという養育行動により行動パターンが一定化し、自立的な反復行動を確立していくということから、乳児は母親からの一方的な働きかけにより育つ受身の存在ではないことが..
  • 550 販売中 2008/03/18
  • 閲覧(1,964)
  • コールバーグの発達性理論とは
  • ?コールバーグの道徳性発達理論とは、3水準6段階に分けられる。まず、3水準について述べていく。 3水準として、前慣習的水準、慣習的水準、脱慣習的水準(自律的原理的水準)がある。 まず前慣習的水準では、子どもは行為に対して「罰・報酬」という点で解釈し、その行為を善..
  • 550 販売中 2006/07/24
  • 閲覧(7,914) コメント(1)
  • 「キレやすい子」のアセスメント
  • (1)状況認知能力との発達 ?感情の発達 感情は乳幼児期に、快・不快感情から分化され、自分自身や周りから快刺激により弁別能力が発達する。健康な感情の発達は、快刺激を多く受け弁別能力が発達する場合に豊かに育つ。キレにくい子は感情が分化されており、不快刺激に対し感情..
  • 550 販売中 2006/07/24
  • 閲覧(1,271) コメント(2)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?