資料:14件

  • 一対比較法
  • [問題]私たちは日常生活において、他者の内面的情報をどのような観点から判断しているのだろう。蘭(1995)は「われわれは、他者の内面的情報を得る以前に外見によっ て第一印象を形成し、相手に対する何らかの判断を行うことができる。…そして、このとき容姿の優れた他者に対して..
  • 550 販売中 2006/08/02
  • 閲覧(8,992)
  • YG性格検査の信頼性
  • [問題]心理検査を行う上で、信頼性というものが重要である。辻岡(1972)によると検査の信頼性は、「テストで測定した結果が時、又は所、人、テスト、を通じてあまり変化しない事を意味する」と述べている。このことを検証する方法の一つに《再検査信頼性》というものがある。これは..
  • 550 販売中 2006/08/02
  • 閲覧(9,764) コメント(1)
  • 親子関係診断尺度EICA
  • [問題]親と子の関係について実証的に測定する尺度として、辻岡・山本(1976)が発表した親子関係診断尺度EICAがある。これは、Schaeferの親子関係テストをもとに、「因子的真実性の原理」(辻岡,1964、Cattel,R.B.&Tsujioka,B.1964)によって分析、構成されたもので、「息子→父、息..
  • 550 販売中 2006/07/15
  • 閲覧(14,041)
  • MPI性格検査
  • 性格検査のひとつに、アイゼンクの提唱した《MPI性格検査》がある。 アイゼンクによると、「方法論的に述べると、われわれはすべて行動主義者なのであり、行動が主体の問題である事を認める。」(Eysenck,H.J.&Wilson.G.D.)とされ、心理学を「行動の科学」として捉えている。また..
  • 550 販売中 2006/07/15
  • 閲覧(8,329)
  • 京大NX性格検査
  • 題目:知能検査 [問題] ソーンダイク(1921)は、知能は幾つかの特殊因子の集合体であるとし、異なった知的作業間には共通の要素が存在しているという「集団因子説」を述べた。また、サーストン(1938)は因子分析によって「集団因子説」を研究し、?空間的因子?数的因子?言語理解の因..
  • 550 販売中 2006/07/15
  • 閲覧(9,121)
  • 立体視実験
  • [問題] 私たちは物体を見る時、図1のように右目と左目で物体の方向が異なる。それは両眼間に約6cmの間隔があることで、物体の方向に眼球が向くため眼球に角度が生じ、それによって左右の目の網膜像にずれが生じるためである。(宮本,2002)そのことを「両眼視差」といい、また、眼球..
  • 550 販売中 2006/07/15
  • 閲覧(1,942)
  • 障害を持つ人の雇用と自立
  • 1.文献内容紹介:  「障害をもつ人の人権〜社会参加と機会の平等」, 荒木兵一郎 中野善達 定藤丈弘 編著, 1999, (株)有斐閣, \2800 文献選択の理由: 授業を通して”障害をもつ人”について学び、その中で共通して感じたのが”自立の重要性”であった。〜自立とは何か〜・・・..
  • 550 販売中 2006/07/15
  • 閲覧(1,384) コメント(2)
  • 障害をもつひとの就労と雇用
  • 選択章: 第8章 わが国における雇用差別の状況 1. 現在の国内における「障害を持つ人」の雇用状況 ・ 養護諸学校高等部卒業生の進路 文部省の調査によると、養護諸学校の高等部卒業生のうち、就職を選択した人は3割を下回り、半数が社会福祉施設や医療機関などに入所して..
  • 550 販売中 2006/07/15
  • 閲覧(1,541)
  • SD法実験(印象形成)
  • [問題] 私たちは日頃、様々な色に囲まれて生活している。色彩は固有の感情価を持ち、また、形も例えば円と三角形では異なる印象を与える。一般に、同じ形態でも施された色彩が異なと違った感情的印象を与えることはよく知られている。中野(1972)は形態と色彩の合成図形がもたらす..
  • 550 販売中 2006/05/30
  • 閲覧(5,373) コメント(5)
  • 長さの錯視
  • −実験1−  [問 題] 私たちが見ている世界と物理的世界は必ずしも同じではない。ミューラー・リエル(M・・uller-Lyer)によると、矢線間に挟まれた直線(主線)は客観的には等しいにも拘らず、内向図形では過少視され、外向図形では過大視される。そこで、傾線の角度と錯視量との関..
  • 550 販売中 2006/05/30
  • 閲覧(8,903) コメント(2)
  • 発達心理学
  • 1、「人間を理解する上で発達という視点が不可欠といわれる理由」 《人間》は、この世に誕生した時から死に至るまで「発達」しつづける存在である。 「発達」を「固体が自らを取り巻く環境との間で相互作用を繰り返すことで心身を構造し、機能の分化・統合によって、より有能に..
  • 550 販売中 2006/05/27
  • 閲覧(3,312) コメント(2)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?