revelationさん累積訪問者(42,018名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:24件

  • ジョン・ウェスレーの神学における先行的恵みと悔い改め
  • ジョン・ウェスレーの神学における先行的恵みと悔い改め Ⅰ極端な人力卑下の傾向との格闘  ・宗教改革的言い回し「恵みによってのみ、信仰によってのみ」の中に含まれる“少しでも人間の働きに有効性を許容するとすれば必然的に神の恩恵の質量が削られる”という危惧の働き 1
  • 550 販売中 2006/11/16
  • 閲覧(3,917)
  • ジョセフ・フレッチャーの「状況倫理」の長所とその問題点
  • ジョセフ・フレッチャーの「状況倫理」の長所とその問題点 倫理的一般原則が、様々な文化的価値観や歴史的文脈を無視したかたちで設定される時に、それは人を束縛するだけの命令となる。「愛と律法は矛盾する」などという言い回しで表現されるときの律法はそれに近い。フレッチ
  • 550 販売中 2006/11/13
  • 閲覧(3,604)
  •     ピューリタン革命について
  • ピューリタン革命について ・エリザベスの宗教政策——神学的には穏健なカルヴァン派を採用したが、礼拝様式と教会制度については全て容認し、バランスを保っていた。 ジェームズ一世  「同君連合」――イングランドでは、1603年、エリザベス1世が未婚のまま没し、
  • 550 販売中 2006/11/16
  • 閲覧(2,934)
  • キリスト教と教育
  • 1教会教育の視点からのキリスト教的人間像  ペトロの言葉を受け入れた人々は(バプテスマ)洗礼を受け、その日に三千人ほどが仲間に加わった。 彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった。  (使徒言行録2:41−42)
  • 550 販売中 2006/07/11
  • 閲覧(2,182)
  • 旧約聖書釈義 サムエル記上  17章 38-40節
  • 17章1―58節における「ダビデとゴリアトの戦い」はダビデ物語の中でも最も有名なものの一つであるが、伝承史的・文献学意的に問題を提出している箇所でもある。つまり、サムエル記下21章19節にはダビデの家臣エルハナンが「ガト人ゴリアト」を倒した記事が存在する。これ
  • 550 販売中 2006/11/07
  • 閲覧(2,075)
  • ジョン・ウェスレーおける「全的堕落」の理解についての考察
  • ジョン・ウェスレーおける「全的堕落」の理解についての考察 1.アダムの罪責と全的堕落 前期 -罪への奴隷はアダムからの継承であり、罪責の結果ではない― 若きウェスレーは、アダムから継承した堕落した本性に関して、人類の腐敗性を罪責と関係させず、国教会・東方教会と
  • 550 販売中 2006/11/13
  • 閲覧(2,044)
  • パウロにおける人間、罪、律法、及び死の理解に関する分析
  • パウロは人間は自らの責任を自覚しながらも、神に感謝し服従することを拒否する、神の被造物と見なす。 体、魂、霊、心、肉という人間学的概念はそれぞれ人間の一部分を表すのではなく、全体としての人間を言い表している。 1.被造物としての人間 ・パウロにとって、神
  • 550 販売中 2006/11/07
  • 閲覧(1,958)
  • ジョン・ウェスレー研究の現在
  • ジョン・ウェスレー研究の現在 1 ジョージ・セルのテーゼの問題 a)1970年代までの研究−—西方キリスト教の伝統の枠において解釈  1)1738.5.24.アルダスゲイトの回心体験  →<信仰のみ、恵みのみ>西方プロテスタント神学の立場に精通  ・モラヴ
  • 550 販売中 2006/11/16
  • 閲覧(1,933)
  • ジョン・ウェスレーの敬虔の修練から聖化にいたる過程
  • ジョン・ウェスレーの敬虔の修練から聖化にいたる過程 1.神人協力説について ・ウェスレー神学の本質としての<神のアクション−人間のアクション>の定式 →救いに置いて終始一貫して神が主導権を握るが、人間の側で神へと心を向けなければ、“聖霊は徐々に退き、我々を心の
  • 550 販売中 2006/11/16
  • 閲覧(1,898)
  •   ウェスレーにみるキリストの贖罪理解
  • ウェスレーにみるキリストの贖罪理解 ウェスレーと東方の伝統 Ⅰキリストの三つの職務 ・預言者的な業 ・祭司的な業 ・王的な業 この教理は、改革派・ルター派政党主具の基準となり、カトリックでも使用されたが、東方教会では一般的でなかった。 ⅰ)預言者的職務 神の意
  • 550 販売中 2006/11/30
  • 閲覧(1,774)
  • キリスト教信条の象徴性について
  • キリスト教信条の象徴性について キリスト教の諸信条(使徒信条、ローマ信条、ニカイア信条、コンスタンティノポリス信条、カルケドン信条、アタナシオズ信条)に対して用いられる概念は表象・シンボルとしてのそれである。シンボル、象徴という言葉は他者の認識と受容の徴のよ
  • 550 販売中 2006/11/13
  • 閲覧(1,734)
  • カール・バルトとモルトマンの三位一体論について
  • 今日の私たちが聖書の中に見出すことのできる三位一体論の解釈に通じる箇所は、主要なものとして二つある。マタイ28:19「彼らに父と子と聖霊の名によって」と?コリント13:14においてである。しかしこれらの成句が三位一体の教理を産み出したのではない。 ではいかに
  • 550 販売中 2006/06/05
  • 閲覧(1,701)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?