資料:7件

  • 厳格な構成要件的符号説、抽象的符号説、法定的符号説からの結論の比較
  • Aは、Xの彫像を損壊する意思でライフル銃を発砲したところ、弾丸がそれて友人Yに当たり、Yが死亡した。Aの罪責について、厳格な構成要件的符号説、抽象的符号説、法 定的符号説からの結論を比較し論評せよ。 厳格な構成要件的符号説とは、故意の認識たる事実は、構成要件ご..
  • 550 販売中 2006/08/03
  • 閲覧(2,629)
  • 因果関係
  • Aは、Xに対し、殺意をもって、深夜の公園で約2 時間10 分にわたり、間断なく、極めて激しい暴行を繰り返し、さらにマンションの居室に場所を移して約45 分の間、断続的に同様の暴行を加えた。 Xは隙を見て、そのマンションの居室から靴下履きのまま逃走してきたが、約10 分後、..
  • 550 販売中 2006/08/03
  • 閲覧(1,623)
  • 「刑法60条と責任主義の関係について論ぜよ」
  • 「刑法60条と責任主義の関係について論ぜよ」  刑法60条は「二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。」という共同正犯についての規定である。つまり犯罪の一部を実行すれば全責任を負わなければならないようになる。責任主義とは「責任なければ刑罰なし」という..
  • 550 販売中 2006/06/28
  • 閲覧(2,656)
  • 刑罰の目的(応報刑論・目的刑論)
  • 刑罰の目的(応報刑論・目的刑論)  刑罰の目的は「過去におきた犯罪を浄化すること」である。これを行う過程には応報刑論と目的刑論の二つがある。 応報刑論は「罪において責任を追及し、罪を償わせる」というものである。これにおいて刑罰は正当化される。
  • 550 販売中 2006/06/28
  • 閲覧(9,485)
  • 「刑法を学ぶとは」
  • 刑法とは人を裁く法律である。人の自由をあるいは生命を奪う刑罰を伴うため、原因と結果を考えどのような罪になるかのはっきりとした理由が必要になる。いい加減な思考はせず、十分な思考力、そして、明確な理由を説明するコミュニケーション能力が求められる。法律を学ぶにあたっ..
  • 550 販売中 2006/06/28
  • 閲覧(7,683)
  • 裁判所見学レポート
  • 京都地方裁判所 203法廷 事件名:窃盗  事件概要  岡山県の某パチンコ店において被告人はスロットマシーンをしている最中に、当選率を高めるための電子機器(体感機)を使用し、不正にメダル740枚(約14800円相当)を盗んだ。被告人はスロットマシーン中に店員に気づかれ、逃亡し..
  • 550 販売中 2006/06/28
  • 閲覧(2,833)
  • ライブドアという会社(証券取引法違反)
  • 15−1 創設の経緯 ライブドアは、平成8年4月、ホームページの制作・運営・管理を目的とする有限会社として、オン・ザ・エッヂという社名で現社長の堀江貴文氏により設立された。会社は、翌年7月には株式会社に組織変更し、2回にわたる社名変更を経て、平成16年2月に現在の社名で..
  • 550 販売中 2006/06/22
  • 閲覧(1,221)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?