一緒に購入された資料 :: 糖の定性実験

資料:7件

  • 生化学実験 糖の定性反応
  • ◎今回使用した糖液(キシロース、グルコース、フルクトース、ラクトース、スクロース、デンプン)について以下にまとめた。 モーリッシュ(Molisch)反応 ?3本の試験管(A〜C)のうち、A管にグルコース液、B管にスクロース液、C管にはデンプン液をそれぞれ2mlずつとる。...
  • 550 販売中 2005/07/16
  • 閲覧(52,903)
  • ビタミンCの定量
  • 管理栄養士養成校における食品学実験。 9つの食品からヒドラジン法によるビタミンCの定量。 ビタミンC総量から非還元型アスコルビン酸を差し引き、 還元型アスコルビン酸を算出し、食品に含まれる ビタミンCについて考察した。
  • 550 販売中 2010/11/26
  • 閲覧(8,860)
  • 糖の定量( 二部構成 )
  • 管理栄養士養成校における食品学実験。 いくつかの食品から 第一章 全糖の定量( フェノール硫酸法 ) 第二章 還元糖の定量( ソモギー・ネルソン法 ) により、非還元糖を算出した。 それぞれの食品に含まれる還元糖、非還元糖の量を比較し、 食品に含まれる糖質の性質を考...
  • 550 販売中 2010/11/30
  • 閲覧(11,880)
  • 糖質化学実験
  • 糖質化学実験 (10月27日~11月24日) 目的 糖の構成単位である単糖は、ポリアルコールにアルデヒド基もしくはケトン基が付いているという構造的特色がある。このため、還元性を持ち、単糖が二つ連なった二糖や、複数個連なったオリゴ糖なども還元性を示す。しかし、通常炭水化物...
  • 550 販売中 2007/07/02
  • 閲覧(62,973)
  • ヨウ素デンプン反応による唾液アミラーゼの活性度の測定
  • ● 目的 ヨウ素デンプン反応による唾液アミラーゼの活性度の測定を行う。 ● 準備物 1. 器具 恒温水槽、ビーカー、試験管10本、1mlメスピペット、2mlメスピペット、 5mlメスピペット 2. 試薬 1w/v%可溶性デンプン溶液、1w/v%塩化ナトリウム溶液、 0.2Mリン緩衝液(pH6.8...
  • 550 販売中 2006/02/11
  • 閲覧(23,375)
  • カルボニル化合物の定性反応
  • Exp.1 Ketoprophene 0.01g をmethanol 1ml に溶かし、2,4-dinitrophenylhydrazine 試液2ml を加えて30分放置するとき、だいだい黄色の沈殿を生じた。 Exp.3 ブドウ糖の水溶液(1→20)2〜3滴を塩基性条件下で沸騰 Fehling 試液5ml に加えるとき、赤色の沈殿を生じる。(フェーリン...
  • 550 販売中 2006/08/14
  • 閲覧(2,982)
  • デンプンの加水分解
  • デンプンの加水分解 目的 デンプンの唾液アミラーゼによる分解を観察する。 説明 デンプンが唾液アミラーゼにより分解されていく様子をヨウ素デンプン反応の呈色を利用して観察するとともに、デンプンが分解されたことによる還元糖の精製をフェーリング反応によって観察する。 ...
  • 550 販売中 2008/02/19
  • 閲覧(13,426)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?