一緒に購入された資料 :: 自爆テロについて

資料:9件

  • ロストウ理論の是非について
  • アメリカの経済学者であるW.W.ロストウは、1960年代に経済成長論の分野に、独自の発展史論(経済成長段階説)を提唱したことで著名な人物である。 まず、ロストウにとって「成長」とは、資本と労働の増加率と人口の増加率との間に成長する、一人当たりの産出量を増大させるよ...
  • 550 販売中 2006/08/05
  • 閲覧(5,902)
  • 春節
  • 世界各国にはそれぞれいろいろな新年の迎え方がある。わが国日本では、毎年12月31日から1月1日、2日、3日に新年のお祝いにお祭りや活動を行っている。お祭りや行事などは、各地域によりさまざまであるが、毎年の初詣、神社の御参りはほとんど一緒である。今年の新年も神社は大勢の...
  • 550 販売中 2006/07/15
  • 閲覧(1,299)
  • ロマン派詩と現代詩の比較
  • 18世紀後半から19世紀初頭はイギリス文学におけるロマン主義時代と呼ばれている。18世紀前半の古典主義時代では人間生活の規律や理性に基づき、古典文学の法則に忠実に表現されていたが、ロマン主義時代では、国外のアメリカ独立戦争やフランス革命の勃発、国内の産業革命の伸展や...
  • 550 販売中 2007/04/08
  • 閲覧(3,828)
  • ロマン主義とは何か
  • ロマン主義とは何か、またその担い手たちはどう いう意味でロマン主義的なのかをそれぞれ述べよ。 ロマン主義とは、18世紀の終わりから19世紀の始めにかけてヨーロッパで主にイギリス、ドイツ、フランスを中心に展開された文学や芸術、思想などの自由とその解放を願う風潮であ...
  • 660 販売中 2008/02/11
  • 閲覧(4,375)
  • 国際理解
  • 「国際理解教育の実態と課題についてのべよ」 一番身近な国際理解教育として、日本国内に点在する外国人学校をあげることができる。お金をかけて外国に留学し交流するのもよいが、近くに外国人学校があれば、その学校に通う生徒や親達と交流することによって日本人と外国人との考...
  • 550 販売中 2008/08/06
  • 閲覧(1,323)
  • フリーター問題について
  • (1) はじめに 現在、日本の若者を取り巻く労働環境は厳しいものとなっている。本講義でその一部の現状を知った。失業率は高く、いわゆる「フリーター」「ニート」も増加しており、これらは現代における社会問題として毎日のように各種メディアの話題の的ともなっている。世間...
  • 550 販売中 2006/02/10
  • 閲覧(5,305)
  • テロリズム根絶の手段として民主主義が持つ役割
  • テロリズム根絶の手段として民主主義が持つ役割 はじめに 21世紀はテロとの戦いの時代であると言われる。それは20世紀後半に終結した冷戦後の世界の新しい対立構造をとらえた表現であるが、そのように言われるようになった契機は言うまでもなく2001年9月11日に発生した同時多発テ...
  • 550 販売中 2008/01/08
  • 閲覧(3,029)
  • 祭りの伝統と東アジアからの影響
  • 祭りの“伝統”と東アジアからの影響 祭りとは一体何か。柳田國男氏は祭りとは、「それが何を要点とし、どれだけの範囲に及ぶのかということは、今でも普通の人にはほぼ判っている。」〔柳田國男全集 13 -P241引用〕また、「四季の循環、(中略)我々の祭はこれを目標にして、昔...
  • 550 販売中 2008/11/11
  • 閲覧(1,698)
  • R0714 国際政治学第1設題
  • 国際政治経済学の理論(リアリズム・リベラリズム・マルキシズム・コンストラクティヴィズム)について説明しなさい
  • 550 販売中 2010/09/14
  • 閲覧(3,680)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?