資料:222件

  • 尿失禁による身体症状
  • 尿失禁による身体症状 高血糖状態は,好中球やマクロファージの食菌作用や異物の認識作用を阻害し,免疫が低下し、感染症に罹患しやすくなります。 また神経障害が感染・悪化の一因になる。神経障害があると痛みを感じる神経も障害されるので、症状が現れにくく、感染症に気付くの..
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(1,159)
  • 廃用性症候群による障害
  • 廃用性症候群による障害 筋・骨格系にあたえる影響 筋萎縮・筋力低下 臥床安静後3~7日ころから、筋の構成成分であるたんぱく質が減少しはじめ、筋力低下・筋萎縮を引き起こす。 筋力低下は歩行に必要な殿部・大腿・下腿の筋にいちじるしく、歩行を不安定にし、 また床からの立ち上..
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(9,025)
  • 皮膚統合性リスク状態について
  • 皮膚統合性リスク状態 褥瘡ケア 前頭葉の運動野が障害されている為、左片麻痺が生じており、上肢や下肢に関節の拘縮が見られることから、○さんのADLは低下し全介助の状態です。 入院前の家族の介護力の低下、痛みの訴えがないこと、自らの体動がないこと、から褥瘡が生じている..
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(5,922)
  • 突発性難聴患者の看護 看護計画
  • 突発性難聴疾患患者の看護 < 看 護 > 看 護 目 標 治療を継続し聴力障害にともなう身体的苦痛が緩和できる。 聴力障害に適応し日常生活が送れ、不安が軽減できる。 看護のポイント ・苦痛緩和 ・不安緩和    O     T   E 備  考 1)①耳鳴・耳閉感・眩暈の有無と程度,持続的か..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(8,720)
  • 入院形態毎の説明と書類関係
  • 入院形態毎の説明と書類関係 目的  精神科においては、種々の入院形態があり、看護者も理解した上での、患者家族への対応が必要となる。書類についても、家族からの窓口になることが多く、速やかに書類の提出、手続きの援助をする必要がある。  入院形態の説明 1.任意入院  精神..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,373)
  • 内視鏡的静脈瘤結紮術
  • 内視鏡的静脈瘤結紮術 (EVL:endoscopic variceal ligation) 目的  静脈瘤を機械的に結紮し、静脈瘤に血栓性閉塞を起こさせ、壊死脱落させることで静脈瘤の再発防止を目的とする。  適応 食道静脈瘤に対しての適応  出血静脈瘤  出血既往のある静脈瘤  red color sign(++以上..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,775)
  • 肺結核患者の看護 看護計画
  • 肺結核疾患患者の看護  < 看 護 > 看 護 目 標 ・患者、周囲の人々は感染防止行動がとれる ・周囲の人々が二次的感染を起こさない ・坑結核薬の副作用が軽減する  看 護 の ポ イ ン ト ・感染防止行動がとれるよううに、疾患、 治療に対する正しい知識を提供し支援する      O..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(5,741)
  • 看護計画 脳梗塞患者の看護2
  • 脳梗塞患者の看護 <看護> 看 護 目 標 ・異常の早期発見、対処ができ脳ヘルニアを予防できる。 ・感染、合併症を予防できる。 ・退院への準備ができる。 看 護 の ポ イ ン ト ・脳ヘルニアの予防ができる。 ・2次合併症の予防 ・可動域の保持 ・再発防止(日常生活指導) ・精..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(19,719)
  • 腹臥位の定型的看護
  • 腹臥位の定型的看護             1ページ 問題点 #1 胸郭運動の制限による呼吸抑制のおそれ #2 各圧迫部位の神経障害、褥創発生のおそれ #3 体位変換時の危険 具体策 術前スパイログラムや血ガスデータの確認 4点固定器の使用 体位固定時、シーツにゆとりをもたせ、腹部圧..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,977)
  • 副鼻腔炎患者の看護 看護計画
  • 副鼻腔炎疾患患者の看護 < 看 護 > 看 護 目 標 ・手術による侵襲から心身の回復を図る事が出来る ・生活上の誘因、増悪因子を除去して炎症の再燃、増悪を予  防することが出来る 看護のポイント ・安静保持、不快感の除去 ・呼吸苦の緩和 ・合併症の予防(出血予防) ・日常生..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(8,666) 2
  • 表「排尿状況表」
  • 表「排尿状況表」 目的  排尿時間・排尿間隔・自排尿量・残尿量・尿意の有無・尿失禁量などを記入し、把握することで、その患者の排尿状況の特徴をつかむ。そして、その患者の排尿に関する症状への看護介入の方法の検討や、治療の介入の効果の検討に活用する。また、患者自身は、自..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,196)
  • NICUに入室する児の看護
  • NICUに 入室する児の看襲 1.NICUの 環境 2.NICUに 入室する児の特徴 2,1口出生時の看護 2.2.物品の準備と注意点 2,3.出生直後の看護 2.4.カンガルーケア 1.NICUの 環境 生命予後や後遺症の予後に関して危険性の高い新生児としては、低出生体重 児がその代表的なものであるが、その..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(6,123)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?