資料:152件

  • CPM(持続運動療法機:continuous passive motion)
  • CPM(持続運動療法機:continuous passive motion) 目的 不動による合併症(拘縮、結合織萎縮、治癒障害、静脈血栓症等)の予防  関節治癒過程の促進  適応  主に人工関節置換術後、膝靭帯再建術後、膝関節受動術後の関節可動域訓練が必要な患者  禁忌 関節内に炎症が起きてい..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(19,124)
  • 導尿
  • 導尿 目的 尿閉、尿失禁、残尿に対する処置  内診または下腹部の手術、検査の前処置  排尿による創傷・褥創・手術創の汚染防止  無菌的採尿  膀胱洗浄の前処置  対象  上記の患者  必要物品 ネラトンカテーテル、消毒セット、ベノキシールゼリー(潤滑油)、膿盆または尿器  方法 ..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(7,380)
  • 動脈内留置カテーテル(Aライン)
  • 動脈内留置カテーテル(Aライン) 目的  動脈にカテーテルを留置し、モニターに接続することにより持続的に血圧や脈拍などの血行動態を把握したり、動脈血の検査を頻回に測定するといった診断目的が主である。またこの他にも悪性腫瘍に対するAラインを通じての抗癌剤の注入や、血..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(52,303)
  • 内視鏡的静脈瘤結紮術
  • 内視鏡的静脈瘤結紮術 (EVL:endoscopic variceal ligation) 目的  静脈瘤を機械的に結紮し、静脈瘤に血栓性閉塞を起こさせ、壊死脱落させることで静脈瘤の再発防止を目的とする。  適応 食道静脈瘤に対しての適応  出血静脈瘤  出血既往のある静脈瘤  red color sign(++以上..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,775)
  • 内視鏡的食道静脈瘤硬化療法
  • 内視鏡的食道静脈瘤硬化療法 (EIS:Endoscpic Injection Sclerotherapy)  目的  静脈瘤のみを閉塞ないし固有供血路までを破壊する  1.静脈瘤内注入(血管内)  目的  硬化剤によって血管内に血栓を形成させる  2.静脈瘤周囲注入(血管外)  目的  硬化剤によって生ずる炎..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(4,299)
  • 皮内注射
  • 皮内注射 目的  抗原抗体反応を調べたり、吸収を遅くして、薬効を長く持続したい場合  必要物品  薬品・注射器(1ml)・皮内注射針(26Gまたは27G)・エタノール綿  方法 患者の名前と薬品の種類・量を確認する。  必要物品をそろえ、薬品が医師の指示通りであるか、もう..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,896)
  • 皮膚生検、筋生検、リンパ節生検
  • 皮膚生検、筋生検、リンパ節生検 目的  病理組織学的所見を得、次のことを目的にする。  診断の確定  病変の境界部の変化、病変の広がりを把握し、腫瘍の進展度を確定する。  対象患者  皮膚疾患患者で、組織を採取し検査することにより、診断や腫瘍の進展度を確定する必要のある患..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,260)
  • 表「排尿状況表」
  • 表「排尿状況表」 目的  排尿時間・排尿間隔・自排尿量・残尿量・尿意の有無・尿失禁量などを記入し、把握することで、その患者の排尿状況の特徴をつかむ。そして、その患者の排尿に関する症状への看護介入の方法の検討や、治療の介入の効果の検討に活用する。また、患者自身は、自..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,196)
  • 運動療法
  • ・ は じめに 運動療法は治療体操とも呼ばれ規則的な運動を行 うことによって身体各部及 び全身に対しての筋肉、骨、神経、内分泌系及び新陳代謝への生理的効果によ って身体の機能の改善を図るものである、 ・ 目 的 運動療法は 1.変 形の矯正 2.関 節の機能の改善 3.筋 肉の力を..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,063)
  • 吸入2
  • 1.目 的 ① 水 分や薬液を細かい霧状にして吸気として吸入 し、気道を加湿することで線 毛運動を促 し、分泌物の粘欄度を下げ、気道内分泌の排泄を促す。 ② 薬剤を経気道的に投与し、直接気管支や肺の病変部に作用させ、気管支の拡 張、消炎、鎮痛、咽頭浮腫の予防や軽減を図る。..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(3,050)
  • 吸入1
  • <薬 液吸入> ・目的 :水分 薬液を細かい霧状にして吸気として吸入し、気道の分泌物の排泄を促し、薬 液を作用させる。 ・適応 ① 気道分泌物の排出が困難なとき ② 気道の消炎 B鎮咳 ・去疾の必要があるとき ③ 肺疾患予防のため ・必要物品 コ吸入用コンプレッサー ・ ネ ブライザ..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,258)
  • 吸引
  • 1、 目的 1)分 泌物が多いあるいは自力で分泌物の喀出ができない小児に対して、上気 道の分泌物を除去し、気道を確保する。 2)意 識障害や麻酔後の小児に対して、日腔内の分泌物や吐物を除去し、誤疎 性肺炎や窒息を防ぎ、気道を確保する。 2、 必要物品 コ吸引カテーテル ・ 吸引..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,683)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?