資料:99件

  • 皮膚統合性リスク状態について
  • 皮膚統合性リスク状態 褥瘡ケア 前頭葉の運動野が障害されている為、左片麻痺が生じており、上肢や下肢に関節の拘縮が見られることから、○さんのADLは低下し全介助の状態です。 入院前の家族の介護力の低下、痛みの訴えがないこと、自らの体動がないこと、から褥瘡が生じている..
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(5,922)
  • 突発性難聴患者の看護 看護計画
  • 突発性難聴疾患患者の看護 < 看 護 > 看 護 目 標 治療を継続し聴力障害にともなう身体的苦痛が緩和できる。 聴力障害に適応し日常生活が送れ、不安が軽減できる。 看護のポイント ・苦痛緩和 ・不安緩和    O     T   E 備  考 1)①耳鳴・耳閉感・眩暈の有無と程度,持続的か..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(8,720)
  • 動脈瘤患者の看護 看護計画
  • 動脈瘤(胸・腹部)疾患患者の看護  < 看 護 > 看 護 目 標 破裂助長因子である高血圧に対する血圧のコントロ-ルが十分できる。 痛みが軽減し不安が緩和する。 ストレスなく安静保持ができ合併症を予防できる。 看 護 の ポ イ ン ト 血圧のコントロ-ル 心身の苦痛の緩和 合併..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(6,816)
  • 肺結核患者の看護 看護計画
  • 肺結核疾患患者の看護  < 看 護 > 看 護 目 標 ・患者、周囲の人々は感染防止行動がとれる ・周囲の人々が二次的感染を起こさない ・坑結核薬の副作用が軽減する  看 護 の ポ イ ン ト ・感染防止行動がとれるよううに、疾患、 治療に対する正しい知識を提供し支援する      O..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(5,741)
  • 肺炎患児の看護 看護計画
  • 肺炎患児の看護 < 看 護 > 看 護 目 標 体温が平熱となり、正常な呼吸ができる。 肺炎の再発を起こさない 母親をはじめ、家族の協力のもとに不安を軽減する。  看護のポイント 急性期には主に発熱と呼吸器症状が急激に出現し、さまざまな全身症状が現れる。正確な診断と早期治療..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(3,906)
  • NICUに入室する児の看護
  • NICUに 入室する児の看襲 1.NICUの 環境 2.NICUに 入室する児の特徴 2,1口出生時の看護 2.2.物品の準備と注意点 2,3.出生直後の看護 2.4.カンガルーケア 1.NICUの 環境 生命予後や後遺症の予後に関して危険性の高い新生児としては、低出生体重 児がその代表的なものであるが、その..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(6,123)
  • 手術について
  • はじめに 手術前の看護の目標は、①手術に対する患者様の不安や恐怖を和らげるとともに、 ②手術の侵襲に耐えられるように患者様の内部環境を整え、予測される術中・術後の合 併症を予防するための準備を行い、心身ともに最良の状態で手術に望めるようにするこ とである。 手術に先..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,220)
  • 高齢者の転倒の特徴
  • ・ 高 齢者の転倒の特徴 1.転 倒による影響 高齢者が転倒すると骨折を起こじやすい。高齢者では、転倒時に筋緊張をコ ン トロールすることが難 しいため衝撃を吸収できず、衝突時に骨に大きな力が 加わ りやすい。また、加齢により骨萎縮が進み、骨が脆弱化 している。骨粗慈 症が..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,958)
  • 間接介助の役割 手術看護
  • 問接介助の役割 問接介助の看護師の役割は、手術環境を整えながら手術の進行に応じて患者様の 変化を予測し、いち早くとらえることである。また、患者様の変化をとらえる為に、 呼吸 コ循環 コ体温の面からも患者様の状態を観察するとともに、急激な変化にも対 応できるように準備..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(4,551)
  • 各期の発達段階1
  • O各 期の発達課題 <乳 児期> 出 生から15ヶ月 (1)運 動機能 ・日と手の協応 ・平衡 口活動と休息 白リズムといった運動面の制 御力を習得すること (2)目 、耳、日、手で環境を探索すること (3)自 分に気づき、身体のイメージを作り上げることから、自分と他者、環境 を区別できるよ..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,892)
  • 術直後の患者の受け入れ環境
  • 術直後の患者を受け入れる環境について 手術直後は、生体内部では恒常性を保とうとして大きな変化がおこつている。一方、外 部からは手術侵襲からの回復を助けるための治療が行われる。手術部位や術式によつ ては、バイタルサイン(生命徴候)が不安定なまま帰室する場合もある。患者..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(3,336)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?