資料:83件

  • 便器、尿器介助
  • 便器、尿器介助 目的  排泄が常に生理的で正常な状態を維持するよう援助できる。  適応 手術直後で歩行できない患者  安静を必要とする患者  歩行困難な患者  便器使用の場合 必要物品 便器(男性の場合は尿器も)、便器カバー、手洗い用湯と洗面器orおしぼり(ウェットティッシ..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,420)
  • インフォームドコンセントと看護
  • ◎ インフオーム ド・コンセントとは 治療を行うにあたつては、患者や家族に病態や病気の状況を十分に説明して理解 を得た上で、その医療行為に対して同意を得ることが不可欠である。 とくに侵襲なものが多い外科領域では、この手続きは重要である。このように患 者との十分な話し..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,108)
  • コミュニケーション支援
  • 1,コ ミュニケーション支援 高齢者は、音を感じる器官や神経が加齢とともに変化し、五感のひとつである聞こえが 悪くなる「老人性難聴」(感音性難聴)と車の中の音の通り道に中耳炎などの障害があっ て聞こえないもの(伝音性難聴)と、大別して二つのタイプがある。 聴カレベルと聞こ..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,030)
  • 下痢、脱水の看護
  • ・ 脱 水の看護 1)ど のような状態のときに脱水状況になりやすいかを理解する ① 発熱のあるとき 発熱によつて不感蒸泄 口発刊が増加する。また、不機嫌になつて食物 ・水分 の摂取が悪くなる。 ② 口臣吐を繰 り返すとき 胃液に含まれる電解質の喪失がある ③ 下痢のとき 腸液に含..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,817)
  • 手術について
  • はじめに 手術前の看護の目標は、①手術に対する患者様の不安や恐怖を和らげるとともに、 ②手術の侵襲に耐えられるように患者様の内部環境を整え、予測される術中・術後の合 併症を予防するための準備を行い、心身ともに最良の状態で手術に望めるようにするこ とである。 手術に先..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,227)
  • 吸入2
  • 1.目 的 ① 水 分や薬液を細かい霧状にして吸気として吸入 し、気道を加湿することで線 毛運動を促 し、分泌物の粘欄度を下げ、気道内分泌の排泄を促す。 ② 薬剤を経気道的に投与し、直接気管支や肺の病変部に作用させ、気管支の拡 張、消炎、鎮痛、咽頭浮腫の予防や軽減を図る。..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(3,057)
  • 吸入1
  • <薬 液吸入> ・目的 :水分 薬液を細かい霧状にして吸気として吸入し、気道の分泌物の排泄を促し、薬 液を作用させる。 ・適応 ① 気道分泌物の排出が困難なとき ② 気道の消炎 B鎮咳 ・去疾の必要があるとき ③ 肺疾患予防のため ・必要物品 コ吸入用コンプレッサー ・ ネ ブライザ..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,267)
  • 間接介助の役割 手術看護
  • 問接介助の役割 問接介助の看護師の役割は、手術環境を整えながら手術の進行に応じて患者様の 変化を予測し、いち早くとらえることである。また、患者様の変化をとらえる為に、 呼吸 コ循環 コ体温の面からも患者様の状態を観察するとともに、急激な変化にも対 応できるように準備..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(4,560)
  • 処置時の体位固定
  • 1)肘 静脈の場合 患児の年齢や理解力に応じた説明をした後、よく血管に触れて探す。場合によって は、採血部位を患児に選択させてもよい。理解できる患児には、握りこぶしをつくらせ る。駆血が強すぎると、動脈も圧迫するので注意する。肘関節と手関節を固定する。 2)外顕静脈の場..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(654)
  • 留置カテーテル
  • 留置カテーテル 留置カテーテル法というのは、膀胱にカテーテルを入れっぱなしにして尿を出す方法のことです。 尿道を通して管を入れる方法と、膀胱瘻といって、お腹から直接膀胱に穴を開けて、管を留置する方法があります。長期留置になると膀胱瘻の選択が勧められます。 1.日的..
  • 550 販売中 2009/04/20
  • 閲覧(8,651)
  • 卵巣癌患者の看護 看護計画
  • 卵巣癌疾患患者の看護  < 看 護 > 看 護 目 標 1、抗ガン剤治療に対する感情を表出し、目的・副作用を理解し、不安  を緩和できる。 2、副作用による苦痛を最小限にできる。 看 護 の ポ イ ン ト 1、不安の軽減 2、抗ガン剤の副作用の早期発見と症状の緩和      O      T..
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(3,391)
  • 抑制法(小児)
  • 抑制法(小児) 目的  抑制は、検査や処置・治療において、子どもの安全・安静を保つために、運動の制限を目的として行う。制限する動き、部位、子どもの年齢・理解度・身体の大きさによって方法や用具を選択する必要がある。抑制は「動きたい」という子どもの基本的な欲求と相反す..
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(15,081)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?