資料:26件

  • 皮膚統合性リスク状態について
  • 皮膚統合性リスク状態 褥瘡ケア 前頭葉の運動野が障害されている為、左片麻痺が生じており、上肢や下肢に関節の拘縮が見られることから、○さんのADLは低下し全介助の状態です。 入院前の家族の介護力の低下、痛みの訴えがないこと、自らの体動がないこと、から褥瘡が生じている..
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(5,951)
  • 導尿
  • 導尿 目的 尿閉、尿失禁、残尿に対する処置  内診または下腹部の手術、検査の前処置  排尿による創傷・褥創・手術創の汚染防止  無菌的採尿  膀胱洗浄の前処置  対象  上記の患者  必要物品 ネラトンカテーテル、消毒セット、ベノキシールゼリー(潤滑油)、膿盆または尿器  方法 ..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(7,388)
  • 内視鏡的食道静脈瘤硬化療法
  • 内視鏡的食道静脈瘤硬化療法 (EIS:Endoscpic Injection Sclerotherapy)  目的  静脈瘤のみを閉塞ないし固有供血路までを破壊する  1.静脈瘤内注入(血管内)  目的  硬化剤によって血管内に血栓を形成させる  2.静脈瘤周囲注入(血管外)  目的  硬化剤によって生ずる炎..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(4,308)
  • 内視鏡的食道静脈瘤結紮術
  • 内視鏡的食道静脈瘤結紮術 (EVL:Endoscopic Variceal Ligation)  目的  静脈瘤をゴム製のデバイスで結紮し、止血または出血の予防を行う  適応 食道静脈瘤 禁忌 (上部消化管内視鏡検査に準ずる他) 薬剤アレルギーの患者  ショック状態にある患者  DICの患者  末期的患者..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,584)
  • 内視鏡的止血術
  • 内視鏡的止血術 目的  上部消化管潰瘍出血の止血  止血法の種類 クリップ法  薬液散布  局注法(純エターノール、HSE法)  高周波止血法  レーザー凝固止血法(YAGレーザー)  適応  すべての上部消化管出血  禁忌 (上部消化管内視鏡検査に準ずる他) 大出血を呈している患..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(3,685)
  • 便器、尿器介助
  • 便器、尿器介助 目的  排泄が常に生理的で正常な状態を維持するよう援助できる。  適応 手術直後で歩行できない患者  安静を必要とする患者  歩行困難な患者  便器使用の場合 必要物品 便器(男性の場合は尿器も)、便器カバー、手洗い用湯と洗面器orおしぼり(ウェットティッシ..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,421)
  • 縫合不全
  • ―縫合不全 3日~14日間 目標 術前 食事内容 ALB,TP Hb SPO2 術後DP 創部の様子(腫脹・発赤・熱感・疼痛) 疼痛 創部出血量(ガーゼ汚染) 創部滲出液 ドレーンからの排液量・色 血圧・脈拍・体温 食事内容 ALB,TP Hb SPO2 炎症データ(CRP、白血球) 血糖 縫合不全 根拠 術..
  • 550 販売中 2009/04/16
  • 閲覧(5,654)
  • 下痢について
  • 下痢による障害の拡大 倦怠感 頻回の排便・脱力感によって軽度の疲労を感じたり,低栄養状態で体力が低下していたりすることによる。 食欲の低下 下痢は、空腹中枢の働きを抑制し、食欲を低下させる。また、下痢に伴うさまざまな苦痛によって食欲が低下し、食事摂取量が減少する。..
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(964)
  • 感染症手術に関すること
  • 感染症手術に関すること 感染症をもつ患者の手術と麻酔にあたっては、交差感染すなわち手術患者の感染症が他の手術患者へ波及しないための対策と、全ての医療関係者が感染症患者から感染を受けないための対策、及び手術室からの感染性廃棄物の安全な廃棄の徹底が必要である。 感染..
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(979)
  • 看護診断、神経障害
  • 神経障害,循環障害,感染 S情報 ・創痛 ・しびれや運動に対する表現 ・創部状態(熱感,腫脹,掻痺感の有無など) O情報 ・年齢,既往歴,体力,予備能力,体格,理解力 ・創部の状況(熱感,腫脹,発赤の有無) ・挿入部の発赤,浸出液の有無と性状,ガーゼ汚染の有無と程度 ・発..
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(1,572)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?