資料:119件

  • 尿失禁による身体症状
  • 尿失禁による身体症状 高血糖状態は,好中球やマクロファージの食菌作用や異物の認識作用を阻害し,免疫が低下し、感染症に罹患しやすくなります。 また神経障害が感染・悪化の一因になる。神経障害があると痛みを感じる神経も障害されるので、症状が現れにくく、感染症に気付くの..
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(1,159)
  • 尿路感染の観察と援助
  • 尿路感染 上行性感染 陰部・・起炎菌としては会陰部に存在する腸内常在杆菌 便・・・腸内細菌 女性の尿道は約4cmと短いので,外尿道口から侵入した細菌は膀胱という絶好の温床で増殖します。 そして,膀胱内に細菌感染が起こると,尿管を経由して腎臓へと感染が容易に上行する危険..
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(2,018)
  • 廃用性症候群による障害
  • 廃用性症候群による障害 筋・骨格系にあたえる影響 筋萎縮・筋力低下 臥床安静後3~7日ころから、筋の構成成分であるたんぱく質が減少しはじめ、筋力低下・筋萎縮を引き起こす。 筋力低下は歩行に必要な殿部・大腿・下腿の筋にいちじるしく、歩行を不安定にし、 また床からの立ち上..
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(9,027)
  • 導尿
  • 導尿 目的 尿閉、尿失禁、残尿に対する処置  内診または下腹部の手術、検査の前処置  排尿による創傷・褥創・手術創の汚染防止  無菌的採尿  膀胱洗浄の前処置  対象  上記の患者  必要物品 ネラトンカテーテル、消毒セット、ベノキシールゼリー(潤滑油)、膿盆または尿器  方法 ..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(7,382)
  • 動脈内留置カテーテル(Aライン)
  • 動脈内留置カテーテル(Aライン) 目的  動脈にカテーテルを留置し、モニターに接続することにより持続的に血圧や脈拍などの血行動態を把握したり、動脈血の検査を頻回に測定するといった診断目的が主である。またこの他にも悪性腫瘍に対するAラインを通じての抗癌剤の注入や、血..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(52,319)
  • 肺結核患者の看護 看護計画
  • 肺結核疾患患者の看護  < 看 護 > 看 護 目 標 ・患者、周囲の人々は感染防止行動がとれる ・周囲の人々が二次的感染を起こさない ・坑結核薬の副作用が軽減する  看 護 の ポ イ ン ト ・感染防止行動がとれるよううに、疾患、 治療に対する正しい知識を提供し支援する      O..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(5,762)
  • 皮膚科における外用療法(単純塗擦法)
  • 皮膚科における外用療法(単純塗擦法) 目的 外界からの刺激の遮断  外用薬の皮膚への浸透  炎症、痒みの抑制  水分の蒸発の促進または抑制  滲出液、痂皮の除去  糜爛、潰瘍面の上皮化の促進  増殖角層の除去  皮脂の促進  対象  以下の疾患の患者  皮膚炎群(アトピー性皮膚炎、..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,645)
  • 副鼻腔炎患者の看護 看護計画
  • 副鼻腔炎疾患患者の看護 < 看 護 > 看 護 目 標 ・手術による侵襲から心身の回復を図る事が出来る ・生活上の誘因、増悪因子を除去して炎症の再燃、増悪を予  防することが出来る 看護のポイント ・安静保持、不快感の除去 ・呼吸苦の緩和 ・合併症の予防(出血予防) ・日常生..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(8,685) 2
  • サードスペースについて
  • サー ドスペースについて 手術操作により、血管壁の破壊や、細胞に損傷を受けることにより、 水分、ナ トリウムが細胞外にもれ、細胞と細胞の間に移行して形成さ れた腫脹がサー ドスペース。サー ドスペースに貯留した体液は有効な 循環血液量としては使用することができない。そ..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(39,988)
  • 下痢、脱水の看護
  • ・ 脱 水の看護 1)ど のような状態のときに脱水状況になりやすいかを理解する ① 発熱のあるとき 発熱によつて不感蒸泄 口発刊が増加する。また、不機嫌になつて食物 ・水分 の摂取が悪くなる。 ② 口臣吐を繰 り返すとき 胃液に含まれる電解質の喪失がある ③ 下痢のとき 腸液に含..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,812)
  • 手洗い方法とガウンテクニック
  • 手洗い方法とガウンテクニック 手術室に入室する際は、まず身体に付着した微生物や塵挨を極力減少させるために、 手術室専用の清潔な衣服口はきものにかえるか、またはシューズカパーをする。帽子・マ スクを着用するとともに、設備があればエアシャワーを浴びて手洗い場にはいる。..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(7,671)
  • 感染症の見分け方
  • 1.麻 疹 measies 麻疹ウイルスの飛沫感染による。潜伏期は9~ 11日であり、好発年齢は1~ 5 歳である。 ・ 症状 主 要症状から、カタル期、発疹期、回復期の3期 に分けられる。 ・カタル期 :3~ 4日 。麻疹特有の症状として、日腔の頬粘膜の日歯に相対す る部分に、コプリック斑と..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,137)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?