資料:41件

  • 内視鏡的食道静脈瘤硬化療法
  • 内視鏡的食道静脈瘤硬化療法 (EIS:Endoscpic Injection Sclerotherapy)  目的  静脈瘤のみを閉塞ないし固有供血路までを破壊する  1.静脈瘤内注入(血管内)  目的  硬化剤によって血管内に血栓を形成させる  2.静脈瘤周囲注入(血管外)  目的  硬化剤によって生ずる炎..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(4,299)
  • 内視鏡的食道静脈瘤結紮術
  • 内視鏡的食道静脈瘤結紮術 (EVL:Endoscopic Variceal Ligation)  目的  静脈瘤をゴム製のデバイスで結紮し、止血または出血の予防を行う  適応 食道静脈瘤 禁忌 (上部消化管内視鏡検査に準ずる他) 薬剤アレルギーの患者  ショック状態にある患者  DICの患者  末期的患者..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,568)
  • 内視鏡的止血術
  • 内視鏡的止血術 目的  上部消化管潰瘍出血の止血  止血法の種類 クリップ法  薬液散布  局注法(純エターノール、HSE法)  高周波止血法  レーザー凝固止血法(YAGレーザー)  適応  すべての上部消化管出血  禁忌 (上部消化管内視鏡検査に準ずる他) 大出血を呈している患..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(3,678)
  • 意識障害がある患者とのコミュニケーション
  • <ま わりの人々との交流、コミュニケーション> 意識レベルに障害がある患者の多くは他者が言つていることを理解したり、適切 に自分の考えや感情を伝えたり、目的をもつた会話をすることが困難である。この ような状況では、互いに意思が通じ合わないことに伴うつらさを体験するこ..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(3,241)
  • 意識レベルの分類
  • 意識レベルの分類、チェック項目、瞳孔の見方について <意 識障害の分類> 重症意識陣書 1:深昏睡 つねっても、たたいても眼を開けず、手足をピクリとも動かさない状態。 21どんな刺激を与えても覚醒しない、反射は一部あるいはまつたく消失し、筋肉も弛 緩している。 中等度意識障..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(4,187)
  • 手術のための固定体位
  • はじめに 手術のための体位固定は、手術の目的を円滑に達成するためにきわめて重要である。 手術を受ける患者様は、麻酔薬や筋弛緩薬などによって、疼痛や筋緊張などの生理 的な防衛反応がなくなる。そのため、麻酔時の体位が生体に及ぼす影響を十分に理 解しその対策を立てておか..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(5,946)
  • 全身酔法
  • 麻酔法 麻酔の役割 麻酔は手術に伴う痛みを取り除くためだけではなく、同時に患者が安全に手術を受け られるように全身管理をするために行う。 痛みに対する感覚を全身的または局所的に、また一時的・可逆的に消失させて、患者 の音痛を除去することである。これを全身的に行つて意..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,046)
  • 抑制法
  • 抑制法 目的及び対象  患者を安全に保護し、または安静を保持するために、全身的にあるいは身体の一部分の運動制限を他動的に行うことである。 不穏状態や意識障害などにより、患部の安静が必要な時期でも安静保持ができない場合やベッドからの転倒、転落などの危険性が高い場合に..
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(3,548)
  • 部位別 脳の機能
  • 大脳に近い部分から,間脳,中脳,橋,延髄と続き,延髄の下部で脊髄に連結している。 間脳は大脳と中脳をつなぐ位置にある。第三脳室を囲むように視床があり,その腹側には視床下部,その背側には視床上部がある。また,この部位の障害で,除皮質硬直を呈する。 視床 全身からの感..
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(993)
  • 画像診断(脳血管障害:CVA)
  • 画像診断(脳血管障害:CVA) 脳血管障害(cerebral vascular accident)の画像診断(CT所見)  【CT画像の濃淡】 低吸収 空気は真っ黒に写り、空気と並んで低吸収を示す組織は脂肪、次いで脳脊髄液(髄液)が挙げられる。病的状態では、嚢胞、浮腫、脳梗塞巣などが低吸収を示す。..
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(2,025)
  • 局所罨法
  • 局所罨法 局所罨法には温罨法と冷罨法がある。 局所温罨法の効果  温熱刺激は血管を拡張させ、その部位への血流量を増加させる。また組織の代謝を促進させる。  温罨法の種類  湯たんぽ、メンタ湿布、ホットパック  目的 湯たんぽ  患部の保温  充血、炎症、疼痛の緩和  血液循環の..
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(3,921)
  • 局所麻酔に関すること(神経ブロック、伝達麻酔)
  • 局所麻酔に関すること(神経ブロック、伝達麻酔) 神経ブロックとは  解剖学的に指標となる骨や筋肉の目標がはっきりしていて、神経を確実に捉えることができる場合には、その神経に直接少量の局所麻酔薬を注射して、その神経の支配している領域全体を麻酔することができる。この麻..
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(7,202)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?