資料:6件

  • 福田歓一と近代の政治思想について?
  • 1.近代国家の土台となった絶対主義 近代国家の顕著な特徴は税収を一枚の命令書で行えることにあるが、これは、絶対主義国家制度の名残である。また、絶対主義時代には徴兵制により常備軍が編成されるようにもなり、これらの税収・常備軍を持つことにより絶対主義的地域国家を編..
  • 880 販売中 2006/09/26
  • 閲覧(2,424)
  •    丸山真男と近代日本政治思想について?
  • イメージと弊害 時として、イメージは本物とかけ離れてしまう。イメージは人間が環境に効率よく適用するためのもので、そのイメージには常に予測と期待が含まれている。それらは本物と直に接することにより修正が図られ、より本物に近いイメージにと変わってゆくのが正しいあり方..
  • 880 販売中 2006/09/26
  • 閲覧(1,848) コメント(1)
  • 公共事業と事業がかかえる問題について
  • 公共事業の概要 公共事業は、一般に国・地方自治体など政府公共部門の行う道路、鉄道、上下水道、住宅、教育施設、公園などの社会資本の整備にかかる建設事業をいう。公共事業が必要とされるのは、これらの施設が市民生活に不可欠であり、かつ民間や家計から十分に供給されないと..
  • 880 販売中 2006/09/03
  • 閲覧(3,049)
  • 公共性『複数性 と 公共性』について
  • 公共の概念 権力者が公共の福祉を持ち出すとき、多くは民衆にとって好ましくない場合である。歴史的に見て、公共の福祉=人民の安寧とした場合、その時代の公共性を代表する機関の名を持って、権力者がその絶対性を確立しようとしている場合が多い。そもそも日本語の公共は英語の..
  • 880 販売中 2006/09/03
  • 閲覧(1,807)
  • 丸山真男と日本の政治思想について
  • 1.日本の近代史と政治意識の関係 丸山の思想の根底には、独立自尊の主体的精神に定礎された民主政治を追求することがある。彼は日本近世政治思想における思惟の構造転換を社会の変化との関連させて考えた。そもそも近代日本の政治意識は、西欧列強と対抗するために強化された天..
  • 880 販売中 2006/09/03
  • 閲覧(2,974) コメント(3)
  • 福田歓一と近代政治思想について
  • 1.権力とは 人が人を何らかの形で動かす社会の組織技術(art)としての「政治」なるものの手段性を普通「権力」と呼ぶ。つまり、「権力」は人間の行動を「制御」または「規制」する手段のことである。仮に全ての権力が強制力を行使するものであるとした場合、動かす側と、動..
  • 880 販売中 2006/09/03
  • 閲覧(1,337)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?