diamondsさん累積訪問者(43,141名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:16件

  • 共謀共同正犯論
  • 共謀共同正犯論 実行共同正犯についてのまとめ     (イ)行為共同説と犯罪共同説のアプローチ  犯罪共同説と行為共同説の対立を理解するには、「各共同正犯者の罪名をどこまでこだわるか」に尽きる。共犯を「特定」の犯罪を数人で行うものと理解する犯罪共同説の
  • 550 販売中 2006/11/27
  • 閲覧(2,377)
  • 少数株主の経営参画の利益の侵害
  • 1 事実の概要および判旨 A会社は、累積赤字を出したため、設立後約3年で、他の会社への営業譲渡と解散を株主総会で決議したところ、これに反対する少数株主Xが、決議に賛成した会社の大株主Y1と代表取締役Y2に対し、事業の立ち上げ段階におけるXの経営参画の利益を侵
  • 550 販売中 2006/11/06
  • 閲覧(1,383)
  • 物上代位について
  • 1.先取特権における物上代位の意義  先取特権は、法定された特殊の債権を有する者が、債務者の財産から優先的弁済を受けることを中心的効力とする権利である。先取特権は、法定の要件を満たせば、当然に生ずる法定担保物権である。ただし、先取特権者は、その払渡または引渡
  • 550 販売中 2006/11/06
  • 閲覧(2,357)
  • 違憲審査制の性格と我が国における違憲審査制の課題
  • 違憲審査制の性格とわが国における違憲審査制の課題 違憲審査制は,19世紀初頭にアメリカにおいて,最初の確立をみた。この世紀のヨーロッパは「議会の世紀」といわれるように,議会が最高の権威をもち国民の信頼を得ていた時代であり,裁判所による違憲審査の制度が成立する
  • 550 販売中 2006/07/31
  • 閲覧(2,487)
  • 司法権の観念と限界
  • 司法権の観念については,通説を踏まえたうえで,「現代司法については,その法創造的機能,政策形成的機能の重要性を加味すべきではないかという趣旨の提言(芦部)や,これに対して,「司法権とは,具体的紛争の当事者がそれぞれ自己の権利義務をめぐって理を尽くし真剣に争うこ..
  • 550 販売中 2006/07/31
  • 閲覧(3,583)
  • 取得時効と登記
  • 1.問題の所在 民法は、不動産の時効による取得として、他人の不動産を一定期間占有した者はその不動産の所有権を取得すると規定する(162条)。 時効による取得は原始取得とされる。しかし、建物の新築のような場合と違って、取得時効の場合には、権利を取得するBに対
  • 550 販売中 2006/07/31
  • 閲覧(4,340)
  • 横領罪と背任罪の異同
  • 先ず、横領罪における事務は、信任関係に基づく物の占有という特定の事務を言うのに対し、背任罪における事務には信任関係に基づく(財産管理上の)事務一般が含まれる。また、横領罪は他人が有する物の所有権という個別財産に対する罪であるのに対し、背任罪は被害者の財産状態全..
  • 550 販売中 2006/07/30
  • 閲覧(1,975)
  • 刑法65条1項と2項の関係
  • 刑法65条は、共犯と身分の問題に対する刑法の解決法である。しかし、この規定の解釈については、学説上、共犯理論の対立とも相まって、さまざまな対立がある。 65条1項は、身分なき加功者も共犯とするという規定であるから、関与者間の「連帯性」を表しているのに対して、
  • 550 販売中 2006/07/30
  • 閲覧(4,027)
  • 法人の人権〜八幡製鉄政治献金事件判決〜
  • 1.法人は人権の享有主体になりうるか 団体である法人も人権の享有主体たりうると考える。憲法の「基本的人権」の概念が、人間の尊厳を理念するものとして、もともとは、自然人を念頭に置いたものであることは疑いない。近代人権宣言は、団体に対しては、むしろ敵対的ですらあ
  • 550 販売中 2006/07/29
  • 閲覧(3,304)
  • 私の考える「要件事実論」とは
  • 権利の発生・障害・消滅といった法律効果の発生要件を規定したものが実体法であり、この発生要件が構成要件である。そして実体法に定められた構成要件に該当する具体的事実が「要件事実」であると考える。権利や法律関係は、あくまでも観念的な存在であり、権利の存否の判断は、権..
  • 550 販売中 2006/07/29
  • 閲覧(1,114)
  • 自己決定権と死ぬ権利
  • 最高裁において、宗教上の信念から絶対的無輸血の意思を有している患者に対し、医師が手術をするにあたって、十分な説明をせずに輸血をしたときに、患者の人格権を理由とする不法行為責任が成立することを認めた初めての判決が出された。(平成12年29日)。 本件は、輸血拒
  • 550 販売中 2006/07/29
  • 閲覧(2,691)
  • キセル乗車について
  • キセル乗車とは、例えば、甲駅から丁駅まで乗車する目的で、甲駅から乙駅間の乗車券を購入し、甲駅の係員Aに提示して電車に乗り、あらかじめ購入してあった丙丁間の定期券を丁駅の係員Bに提示して改札口を通過し、乙駅から丙駅間の乗車運賃を免れることをいう。 キセル乗車が
  • 550 販売中 2006/07/29
  • 閲覧(2,025)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?