heartさん累積訪問者(80,704名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:9件

  • 正中神経伝導速度の測定
  • [目的] 筋電図と末梢神経伝導検査の使用方法・原理を理解し、末梢神経および感覚神経を電気的に刺激したときの反応をみる。 [方法] 刺激装置の記録電極のアースを手首に取り付けた 記録電極のマイナスを母指球筋の中央あたりに取り付けテープで固定した 記録電極のプラス
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(4,630)
  • 筋電図と眼電図の実習
  • 【目的】 筋電図と末梢神経伝導検査の原理を理解し、記録方法を習得する。また、生体からの電気信号を拾うことによって、眼球運動を詳細に観察することが可能であることを学ぶ。 【方法】 筋電図 ・刺激装置の記録電極のアースを手首に取り付けた。 ・筋肉を収縮させて最も盛
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(3,429)
  • 天然水の分析
  • 【目的】  環境水の様々なパラメーターを測定して、試水の汚染状況を評価する。また、測定値から環境水の有機汚染と水質の関係を評価する。 【使用器具】 メスシリンダー・三角フラスコ(200ml)・ホールピペット・ホットプレート・ビュレット・市販のCODキット 【試
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(2,195)
  • 脂質の分析
  • 【目的】 赤血球、血清、脳に含まれる脂質成分をTLC法を用いて調べる。 【方法】 全脂質の抽出 ブタ赤血球、ブタ血清、ブタ脳の凍結乾燥粉末10mgを計り取った大マイクロチューブにクロロホルム/メタノールを(2:1)1mlをマイクロピペットで加えた。混合後、ヒー
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(11,443)
  • 血清タンパク質の電気泳動とAG比
  • 【目的】 色素法によって、血清タンパク質濃度およびアルブミン濃度を調べること。また、AG比を求め血清タンパク質の詳細を学ぶ。 【方法・結果】 ~色素法によるアルブミン/グロブミン比測定~ a) ブランク(水)、アルブミン標準液、検液(ウ)、検液(エ)を25µl
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(10,715)
  • 肝グリコーゲンの定量
  • 【目的】 マウス肝のグリコーゲン貯蔵量を測定すること。48時間絶食により貯蔵量はどのように変化するかを測定する。 【方法・結果】  対照マウスと絶食マウスそれぞれの肝臓TCA破砕液1mlを計り取ったマイクロチューブを、小型遠心機で5分間遠心した。  すると、沈
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(24,145)
  • トリプシン酵素活性の測定
  • 【目的】 N-α-benzoyl-p-nitroanilideを基質として一定時間反応させた後、分解されて生じたp-nitroanilineの量を405nmの吸光度を測定することによって分解の程度を求める。 また、トリプシンインヒビターの阻害作用をLinewe
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(14,727)
  • 筋電図と眼電図の実習
  • 【目的】 筋電図と末梢神経伝導検査の原理を理解し、記録方法を習得する。また、生体からの電気信号を拾うことによって、眼球運動を詳細に観察することが可能であることを学ぶ。 【方法】 筋電図 ・刺激装置の記録電極のアースを手首に取り付けた。 ・筋肉を収縮させて最も盛
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(2,168)
  • タンパク質の定性と定量
  • 【目的】 定性実験からタンパク質の性質を理解し、定量実験から比色法の原理を理解する。 【操作・結果】 ~定性実験~ 卵白溶液2mlを試験管に取り、飽和硫酸アンモニウム液を加え、何mlで沈殿が生じるか調べた。 ( 2.2 )ml 2本の試験管に卵白溶液をそれぞれ
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(40,537)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?