くろさんの資料 / タグ / レポート

資料:26件

  • 国語科教育法
  • 『「やまなし」の教材研究を行うとともに、事例(p.142-170)の児童の発言を考察しなさい。』 ●第1節● 教材について 「やまなし」は、宮沢賢治独自の造語や擬音語、擬態語が随所にちりばめられた独創的な作品である。 造語の一つ「クラムボン」は、その聞きなれない言葉で読み手..
  • 550 販売中 2008/11/05
  • 閲覧(735)
  • 生徒指導・進路指導の研究
  • 『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明せよ。』 教育相談とは、教育上の諸問題について、本人またはその親、教師などに、望ましいあり方を助言指導することであり、悩みや困難の解決を援助..
  • 550 販売中 2008/11/05
  • 閲覧(824) 3
  • 総合演習
  • 『国際理解教育について』 戦後、我が国では欧米列強の植民地化を防ぐために、国際性を強めることが求められた。欧米化されてゆく日本は、自国の民族文化への関心が高まり、天皇制を中心とした国粋化の動きがおきる。 そんな中、教育内容も移り変わっていく。国際連盟成立後、欧..
  • 550 販売中 2008/11/05
  • 閲覧(615)
  • 介護等体験研究
  • 『なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。』 我が国では、少子化・高齢社会が急速に進んでいる。現在、65歳以上の高齢者は人口の15%を占め、女性の出生率も世界的に最低の水準となっている。介護を必要とする人は増え、介護を行う人..
  • 550 販売中 2008/11/05
  • 閲覧(761)
  • 学校教育課程論
  • 『教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。』 わが国では、現在に至るまで、大きく分けて3回の教育改革が実施された。1度目の教育改革では、明治の学令発布に伴い、国民に教育を受ける機会を保障した。 2度目の教育改革では、戦後の義務教..
  • 550 販売中 2008/11/05
  • 閲覧(677)
  • 学校教育職入門
  • 『現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめなさい。』 「教育者としての使命感、人間の成長・発達についての深い理解、幼児・児童・生徒に対する教育的愛情、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養、そしてこれらを基盤とした実践的指導力」これは、いつの時代..
  • 550 販売中 2008/11/05
  • 閲覧(570)
  • 教育原論2
  • 『ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。』 ジョン・ロックは紳士教育論を唱えたイギリスの哲学者である。1632年サマセットシャーで生まれ、ウェストミンスター・スクール、オックスフォード大学クライスト・チャーチで学業を修める。医学に..
  • 550 販売中 2008/11/05
  • 閲覧(690)
  • 教育原論1
  • 『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。』 ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチーは、スイスの教育実践家である。まず、その教育の考え方に影響を及ぼしたであろう生涯をみていく。 ペスタロッチーは1746年チューリッヒに生まれた。母と家政婦によって育てら..
  • 550 販売中 2008/11/05
  • 閲覧(690)
  • 教育相談の研究
  • 『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』 広い意味ではカウンセリングは、心理的な悩みを聴き、どう対応するかを考え、最終的にその悩みを解消するように働きかけることである。専門家でなければならないということはなく、日常生活で誰もができ..
  • 550 販売中 2008/11/05
  • 閲覧(649)
  • 道徳教育の研究
  • 『「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。』 変化の激しい現代社会に生きる子どもたちには今、「生きる力」が求められている。 1996年7月に出された第15期中央教育審議会第一次答申によって、「生きる力」の育成という新しい教育の目的が提示された。「生きる力」とは、①自..
  • 550 販売中 2008/11/05
  • 閲覧(798)
  • 特別活動研究
  • 『特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その特質をよく表していると思われる学校行事の活動例をひとつ示しながら指導する際に注意すべき点を具体的に説明してください。』 特別活動とは何か?学校の教育課程における各教科、および道徳、総合的な学習以外の教育活動の総..
  • 550 販売中 2008/11/05
  • 閲覧(699)
  • 日本国憲法
  • 『法の下の平等について』 「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」 これは、日本国憲法第14条1項で定められた条文である。人種・信条・性別・社会的身分・門地、これらの5..
  • 550 販売中 2008/11/05
  • 閲覧(922)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?