資料:7件

  • 法の下の平等
  • 法の下の平等について  平等という考え方は、古来より主張されていた。ギリシャ・ローマ時代においてもその概念はあったが、その平等とは、奴隷制の存在を前提とした、同一身分相互での平等にすぎなかった。  ヨーロッパ中世の封建社会にも平等が説かれることがあったが、それ
  • 550 販売中 2008/06/06
  • 閲覧(1,747)
  • 不合理差別の禁止
  • 不合理な差別の禁止について わが国では、現代憲法(14条1項)において、不合理な差別を排除し、徹底した平等を要求している。しかし平等を求めながら、その裏で差別意識も根底に根付いているのが現状である。 差別の内容としては、国や地方公共団体など公権力による差別
  • 550 販売中 2008/06/06
  • 閲覧(1,895)
  • 財産権
  • 財産権とは、これを侵してはならない権利であり、憲法により保障されている(憲法29条)。では法律上どのような財産権があるか。主として民法上の物権と債権が挙げられる。物権は「この土地は私の物だ」など物を直接支配し全ての他人に権利主張できるものである。債権は「以前貸..
  • 550 販売中 2008/06/06
  • 閲覧(1,246)
  • 公務員の政治活動の制限
  • 公務員の政治活動の制限について  憲法21条1項の保障する表現の自由に由来する政治活動を行う権利は、絶対無制限のものではないばかりでない。 それは全体の奉仕者であって、一部の奉仕者でない国家公務員の身分を取得することにより、ある程度の制約を受けざるを得ないこと
  • 550 販売中 2008/06/06
  • 閲覧(1,744)
  • 近代現代憲法
  • 近代憲法と現代憲法の特徴について 近代憲法は、17世紀から18世紀にかけてヨーロッパ諸国において成立した。自由と権利を獲得する為に行われた市民革命を契機に完成したものであり、国民の有する自由および権利を保障する為の権力の構成と行使の在り方を、正式な文書におい
  • 550 販売中 2008/06/06
  • 閲覧(6,526)
  • 環境権について論ぜよ
  • 「環境権について論ぜよ」 わが国は、第二次世界大戦終戦を契機に、1960年代には高度成長期を迎え、急激な経済発展を遂げてきた。工業化や都市化が進み、それにより私たちの衣食住に関する生活水準も向上し、豊かな生活を送る事が出来るようになってきたが、その反面で大気
  • 660 販売中 2008/06/05
  • 閲覧(5,108)
  • 憲法の定める自由権について
  • 「憲法の定める自由権について述べよ」  日本国憲法は、昭和20年8月にポツダム宣言を受諾した後、連合国最高司令官マッカーサー元師による憲法改正案を基に、昭和21年11月3日に公布され、昭和22年5月3日に施行された。日本国憲法の基本原理には、国民主権、平和主
  • 660 販売中 2008/06/05
  • 閲覧(2,162)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?