福祉社会学1単位目(評価:優)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数389
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大学・福祉社会学1単位目です。
    評価は優でした。
    レポート課題などの参考にしていただければと思います。

    尚、あくまで参考資料としてのアップロードですので、
    丸写しで提出した場合にカンニングと認定された等の
    責任は一切負いません。自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    「私たちが所属している基礎集団・機能集団について述べ、現代社会の集団に関する特徴
    を考察しなさい」
    現代の集団は、従来のように利害関係や関心で結びつく組織中心の関係性から、個人の
    責任や意思が尊重されるものに変化しつつあると言えるが、個人の志向や意思が尊重され
    る時代になったといえども、「集団」という概念は未だ存在すると考える。
    その理由として、人間は、社会的存在と言われるように、常に他人との関わりを持ち、
    集団の中で生きている。人間として生きていく上で必要であり、個人を個人たらしめる「自
    我」も、集団の中で生活し、他者との関係性を持つことで初めて形成されるものである。
    アメリカの社会学者・クーリーは、人間にとって基本的な集団を「第一次集団」(=基礎
    的集団)と称した。またドイツの社会学者・テンニースは、人間の本質意志で結びつき、
    感情的なつながりである集団を「ゲマインシャフト」と称している。
    この「ゲマインシャフト」とは、「信頼に満ちた親密な、水入らずの共同生活」のことを
    指し、人間的な絆を基に構成される家族を重視しているものである。
    一方、先述のクーリーは、「間接的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。