tatakumaさん累積訪問者(27,150名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:21件

  • 日中戦争以降の戦時体制をめぐる政治過程
  • 日中戦争以降の戦時体制をめぐる政治過程  1937年、盧溝橋事件を発端とした日中戦争が勃発し、第一次近衛文麿内閣では、国家総動員法や電力国家管理法を成立させ、経済の戦時体制を導入し、日本の国家社会主義化が開始された。 第一次近衛内閣に関し、1938年には池田
  • 550 販売中 2009/05/29
  • 閲覧(846)
  • ・55年体制
  • 55年体制 10月に、サンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約の締結をめぐる対立で分裂していた左派社会党と右派社会党が統一。11月には自由党と日本民主党が合同して自由民主党が結成(保守合同)。与党の「改憲・保守・護持」を掲げる自由民主党と野党の「護憲・革新
  • 550 販売中 2009/05/29
  • 閲覧(1,412)
  • 9行政指導の争い方
  • M市はマンション建設急増に対処するため宅地開発指導要綱をつくり、日照被害住民の同意取得や教育施設負担金の納付などを事業者に要求し、それに従わない業者に上下水道の使用を拒否した。業者はどのように争えるか。M市はどのような施策が可能か。  1.業者側の争い方  本
  • 550 販売中 2009/05/29
  • 閲覧(872)
  • 大正時代に入ると
  • 大正時代に入ると、政党は大正デモクラシーを背景に勢力を伸張した。1912年の第1次護憲運動の後、1918年9月に立憲政友会の原敬が内閣を組閣した。この内閣は閣僚の大半が政党所属であり、また原が衆議院に議席を有する現役衆議院議員の初の首相であったことから政党内閣
  • 550 販売中 2009/05/29
  • 閲覧(597)
  • 占領改革
  • 占領改革  日本における連合国軍による統治の実質は、アメリカによる間接統治であり、日本の政治機構をそのまま利用して日本政府に指示・命令する形式であった。 そしてその占領改革は、第一次世界大戦の処理の反省から、懲罰的意図に優先して民主化・非軍事化という統治システ
  • 550 販売中 2009/05/29
  • 閲覧(764)
  • 行政法8行政規則とはなにか
  • 行政規則とは、行政機関の定める一般的・抽象的な定めで、法規としての性質をもたないものをいい、国民の権利義務と直接関係がない行政部内の事項を内容とするものだから、法律の授権がなくとも、行政権の当然の権能として制定することができる。その種類としては、告示と、訓令・..
  • 550 販売中 2009/05/29
  • 閲覧(917)
  • 行政法7法規命令
  • 法規命令とは何か。 1.法規命令とは、行政立法のうち法規の性質をもつものであり、国民及び行政主体に対する法的拘束力を持ち、裁判規範となる。 そして、法規命令は、上級の法令の実施に必要な細目や手続事項を定める命令である執行命令と、上級の法令に基づいて発せられる委
  • 550 販売中 2009/05/29
  • 閲覧(1,118)
  • 行政法6行政立法とはなにか
  • 1.行政立法とは、行政機関が、法文のような形で一般的・抽象的な定めをすることである。行政立法には、政令など法規の性質をもつ法規命令と、法規の性質をもたない行政内部法である行政規則がある。
  • 550 販売中 2009/05/29
  • 閲覧(620)
  • 行政法5公定力
  • 公定力とは、行政行為が行われると、それが仮に違法であっても、無効である場合を除き、相手方はもちろん、国家機関も一般第三者も、有権的機関(行政庁・裁判所)によって取り消されるまでは、その行為を有効なものとして承認し、従わなければならなくなるというような効力をいう
  • 550 販売中 2009/05/29
  • 閲覧(929)
  • 行政法3職権取消しとはなにか
  • 職権取消しとはなにか説明せよ。また、それはどのような場合に許されるか。 1.職権取消しとは、行政庁が、職権により原始的瑕疵のある行政行為の効力を除去することをいう。ここにいう瑕疵には、違法の瑕疵のほか不当の瑕疵も含まれる。一方、行政行為の職権による撤回とは、行
  • 550 販売中 2009/05/29
  • 閲覧(2,408)
  • 行政法4撤回とはなにか
  • 1.行政行為の職権による撤回とは、行政庁が、瑕疵なく成立した行政行為を、後発的事情を理由に除去することである。取消権者は原則として行政庁に限られる。また、その効果は、原則として将来に向かってのみ生じるが、制裁的行為の場合には例外的に遡及効が認められる。
  • 550 販売中 2009/05/29
  • 閲覧(739)
  • 行政法2違法性の承継について説明せよ
  • 違法性の承継の問題について説明せよ。  違法性の承継の問題とは、二つ以上の行政行為が連続した場合、先行行為に対して取消訴訟を提起しなかった者が、後行行為に対する取消訴訟において、先行行為が違法だから後行行為も違法となると主張することができるかどうかという問題で
  • 550 販売中 2009/05/29
  • 閲覧(2,293)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?