連関資料 :: 動機の錯誤をめぐる諸見解

資料:228件

  • 動機錯誤
  • 内心的効果意思の形成過程である動機錯誤があるに過ぎない(動機錯誤)ので、95条の「錯誤」に当たらないのではないか、問題になる。 イ、ここで、95条における「錯誤」とは、表意者の内心的効果意思と表示に不一致があり、その不一致について表意者自身が知らないことをいうとする説がある。
  • レポート 法学 動機の錯誤 内心的効果意思 意思表示 重過失
  • 550 販売中 637669/04/06
  • 閲覧(1,210)
  • 方法の錯誤と不作為犯
  • この考えだと軽微な錯誤の範囲までをいちいち問題とするため、故意を認めることが狭くなり刑法の保護法益機能を没却する。 思うに、故意責任の本質は、犯罪事実を表象し、反対動機が形成可能であるにもかかわらず、あえて犯罪行為に出た点に、行為者の反規範的人格態度が認められるところにある。そし
  • レポート 法学 刑法 総論 方法の錯誤 不作為犯
  • 550 販売中 637659/04/13
  • 閲覧(858)
  • 子どもたちをめぐる南北問題
  • 子どもたちをめぐる南北問題 選択文献 「いま、地球の子供たちは」 NHK取材班 編  角川書店 1.文献の選択理由(動機)  以前から、子どもに大変興味があり、保育士になりたいと思っていた。しかし、福祉についてもっと広く学びたいと思い、本学へ入学した。今まで、講義やゼミを通して、
  • 子ども 南北問題 戦争 国際問題 世界 社会 政治
  • 550 販売中 638306/02/22
  • 閲覧(1,941)
  • 第20回:違法性の錯誤
  • 第20回  レポート課題   「違法性の錯誤」  違法性の錯誤とは、行為者が法律上許されないことをしているにも関わらず、自身では、その行為が法に触れないと思っていることを指す。すなわち、犯罪事実は正確に認識しているのだが、自己の行為は違法ではないと誤信した場合である。  この錯誤
  • 情報 法律 錯誤 違法性 自己 理由 故意 解釈 判決
  • 550 販売中 638616/07/03
  • 閲覧(1,205)
  • 第13回:事実の錯誤
  • 第13回 レポート課題   「事実の錯誤(2)」 ケース  Aは、Xの彫像を損壊する意思でライフル銃を発砲したところ、弾丸がそれて友人Yに当たり、Yが死亡した。Xの罪責について、厳格な構成要件的符合説、抽象的符合説、法定的符合説からの結論を比較し評論せよ。  はじめに、①厳格な
  • 刑法 犯罪 故意 構成要件 錯誤 評論 過失 未遂 死亡
  • 550 販売中 638616/07/03
  • 閲覧(697)
  • 第12回:事実の錯誤
  • 第12回 レポート課題   「事実の錯誤」 事例1 Aは、窓際で新聞を読んでいる老人をXだと思い、殺意を持ってその老人に向けてライフル銃を発砲し、射殺した。Aが死体に近づいて顔を見たら、その老人はXではなく、Xによく似たYであった。 事例2 Bは、Xを射殺する意図でXに向けて発砲
  • 刑法 老人 事例 故意 錯誤 方法 傷害 未遂 傷害罪 過失
  • 550 販売中 638616/07/03
  • 閲覧(638)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?