倫理レポ

閲覧数694
ダウンロード数1
履歴確認

    • 最終修正日: 2008/09/13 2:35
    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヨーロッパ倫理思想-アリストテレスまで 
    ミレトス学派の人々は世界を構成する多種多様なものたちを統べる不滅の何者かが存在すると考えた。ここではそれが何かの答えを規定するのが重要なのではなく、不滅な実体を探求したこと、複雑な現象から単純な実体へと一般化する試み、擬人的な神々の非倫理的介入を排除して現象の運動を法則によって説明しようとしたその合理性に意味があるのである。
     イオニア学派のパルメニデスは「存在」は不生不滅、単一不動であるとし、後のデモクリトスの原子論、プラトンのイデア論へと道を拓いた。しかしデモクリトスは「無は有に劣らずある」としパルメニデスとは少々袂を分かってこの「存在」に 「等質..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。