かもめ食堂さん累積訪問者(1,204,616名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:940件

  • 入社誓約書2
  • 平成○○年○○月○○日 株式会社 ○○○○ 代表取締役 ○○○○ 殿 入社誓約書  このたび、平成○○年○○月○○日付けによる貴社の採用通知を受け取りました。つきましては、下記事項を了承して入社を承諾します。         記 1.入社は
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(936)
  • 入社誓約書
  • 入社誓約書  私、〇〇〇〇 は、貴社に採用されたことにつき、上職の指揮に従い業務に精励し、下記事項を堅く守ります。万一これに反して御社にご迷惑・ご損害をかけました節はその責めに任じますことをここに誓約します。 1 諸規則・規程等を遵守し、信義誠実を旨として勤務
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(1,527)
  • 身元保証書
  • 身元保証書      被用者氏名 ○○○○      被用者住所  今般貴社が前記の者をご採用相成りましたことにつきまして、私は次の各項にもとづき、貴社に対してその責に任じます。 1.前記の者が貴社との雇用契約に違反し又は故意若しくは過失
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(902)
  • 身元保証契約書
  • 身元保証契約書  使用者 株式会社 ○○○○(以下、「甲」という。)、被用者 ○○○○(以下、「乙」という。)、身元保証者 ○○○○(以下、「丙」という。)は、次のとおり契約する。 第1条 乙が甲乙間の雇用契約に違反し、または故意若しくは過失によって万一甲に、
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(705)
  • 出向契約書3
  • 出向契約書 株式会社 ○○○○ (以下、「甲」という。)と 株式会社 ○○○○ (以下、「乙」という。)は、甲の社員を乙へ出向させる件につき、次のとおり契約する。 第1条(出向社員)  甲は乙に対し、次の社員を出向させる。    出向社員の氏名 ○
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(7,606)
  • 出向契約書2
  • 出向契約書 株式会社 ○○○○ (以下、「甲」という。)と 株式会社 ○○○○ (以下、「乙」という。)は、甲から乙へ出向する者(以下「出向者」という。)の労働条件及び出向者の経費の負担等に関し、次のとおり契約を締結する。 第1条(目的)  この契約書は、出
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(4,458)
  • 出向契約書
  • 出向契約書  株式会社 〇〇〇〇 (以下、「甲」という。)と 〇〇〇〇 (以下、「乙」という。)は、次の通り契約を締結する。  第1条 乙は株式会社 〇〇〇〇 (以下、「丙」という。)に出向し、下記場所において下記業務を、丙のために、その指揮監督に従い誠実
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(1,415)
  • 抵当権設定契約書
  • 抵当権設定契約書  〇〇〇〇 (以下、「甲」という。)と 〇〇〇〇(以下、「乙」という。)は、次の通り抵当権設定契約を締結する。  第1条 乙は、甲に対し負担する下記記載の借入金債務の履行を担保するため、甲に対し、乙の所有する別紙目録記載の不動産(以下「
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(2,297)
  • 債務弁済契約書
  • 債務弁済契約書            債権者 〇〇〇〇 (以下、「甲」という。)と 債務者 〇〇〇〇 (以下、「乙」という。)は、次の通り債務弁済契約を締結した。 第1条 乙は、甲に対し、平成〇〇年〇〇月〇〇日付金銭消費貸借契約に基づく
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(974)
  • 債務承認並びに債務弁済契約書3
  • 債務承認並びに債務弁済契約書  債権者 〇〇〇〇 (以下、「甲」という。)、債務者 〇〇〇〇 (以下、「乙」という。)、乙の連帯保証人 〇〇〇〇 (以下、「丙」という。)は、次の通り債務の承認並びに債務弁済契約を締結した。 第1条 乙及び丙は、甲に対し、連帯
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(2,350) 1
  • 債務承認並びに債務弁済契約書2
  • 債務承認並びに債務弁済契約書  債権者 〇〇〇〇 (以下、「甲」という。)、債務者 〇〇〇〇 (以下、「乙」という。)、乙の連帯保証人 〇〇〇〇 (以下、「丙」という。)は、次の通り債務の承認並びに債務弁済契約を締結した。  第1条 乙は甲に対し、下記金銭
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(1,078)
  • 債務承認並びに債務弁済契約書
  • 債務承認並びに債務弁済契約書            債権者 〇〇〇〇(以下、「甲」という。)と債務者 〇〇〇〇 (以下、「乙」という。)は、本日、次の通り債務の承認並びに債務弁済契約を締結した。 第1条 乙は、甲に対し、平成〇〇年〇〇月〇
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(685)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?