かもめ食堂さん累積訪問者(1,199,049名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:940件

  • 建築工事完了引渡証明書
  • 建築工事完了引渡証明書 一、所在 地名 番号 一、種類 構造 床面積        一、工事の種別 一、家屋所有者住所氏名         一、工事完了年月日   平成○○年○月○○日 上建築工事前記の通り完了引渡したる事を証
  • 全体公開 2008/11/10
  • 閲覧(13,162) 2
  • 委任状(戸籍謄本)
  • 委任状  住所 〒 氏名 ○○○○ 生年月日 昭和○○年○○月○○日生まれ 代理人連絡先 ***-***-*****  私は、上記の者を代理人と定め、下記証明書の交付申請及び受領の権限を委任します。 記 戸籍個人(戸籍謄本)事項証明書 ○○通 平成○○年
  • 全体公開 2008/10/23
  • 閲覧(13,125) 1
  • 年間保守サポート契約書
  • 年間保守サポート契約書 ◯◯◯◯(以下「甲」という。)と◯◯◯◯(以下「乙」という。)とは、顧客サポートに関し、以下の条項により契約を締結する。 第 1 条 (用語の定義) 本契約によりサポート業務の対象となるソフトウェアとは、甲乙間にて平成◯◯年◯◯月 ◯◯
  • 全体公開 2008/10/24
  • 閲覧(2,718) 1
  • 解雇予告通知書
  • 解雇予告通知書 当社は、貴殿を傷病および心身障害のため業務に堪え得ないと認め(就業規則第○条○号)、平成○○年○○月○○日付をもって解雇いたしたく、予告いたします。 平成○○年○○月○○日 住所 株式会社 ○○○○ 代表取締役 ○○○○ ㊞  住所 ○○○
  • 全体公開 2008/10/28
  • 閲覧(1,172) 1
  • 身元保証契約更新書
  • 身元保証契約更新書 私は、下記の者が貴社に採用されるに際して、貴社との間で、平成○○年○○月○○日、身元保証契約を締結しましたが、平成○○年○○月○○日をもって○年間の契約期間が終了しました。 つきましては、上記身元保証契約を更新し、更に○年間、上記身元保証契
  • 全体公開 2008/10/28
  • 閲覧(745) 1
  • 身元保証契約書
  • 収 入 印 紙    身元保証契約書    使用者株式会社○○○○を甲とし、身元保証人○○○○を乙として、甲乙間において、甲が雇用する○○○○を丙として、次のとおり丙の身元保証契約を締結した。 第一条(責任)乙は、甲に対して、丙の身元を保証し、
  • 全体公開 2008/10/28
  • 閲覧(804) 1
  • 通常実施権許諾契約書
  • 収入 印紙     通常実施権許諾書                1 特許番号  第   号 1 発明の名称  上記特許権につき下記の通常実施権を貴殿に許諾します。            記 1
  • 全体公開 2008/10/29
  • 閲覧(905) 1
  • 登記申請書(所有権移転請求権仮登記)
  • 登 記 申 請 書 登記の目的   所有権移転請求権仮登記 原  因   平成○○年○月○日代物弁済予約 権 利 者   住所          株式会社 ○○○○銀行 義 務 者   住所
  • 全体公開 2008/11/11
  • 閲覧(5,387) 1
  • 継続的商品売買基本契約書
  • 収 入     印 紙    継続的商品売買基本契約書  ○○○○株式会社を甲 ○○○○株式会社を乙とし、甲乙間において下記のとおり契約する。 第1条(基本契約)甲は乙に対し、将来継続して、甲の製造販売する商品(○○○○)を売買するものとし、個別的
  • 全体公開 2008/11/12
  • 閲覧(2,452) 1
  • 月賦販売契約書
  • 月賦販売契約書  (収入印紙)  ○○○○株式会社(以下甲という)と、○○○○株式会社(以下乙という)とは、別紙物件目録記載の車輌(以下本件車輌という)の売買に関しつぎのとおり契約する。 第1条 (目的) 甲は、乙に対し本件車輌を売り渡し、乙は、これを買受ける
  • 全体公開 2008/11/12
  • 閲覧(1,054) 1
  • 買戻請求書
  • 買 戻 請 求 書  当方は、平成○○年○○月○○日、○○県○○市○○町○○丁目○○番地の宅地○○○平方米を、金○○○万円也にて貴殿に売渡し、その旨、所有権の移転登記を了しました。そのとき、○年以内に、右代金と、契約の費用金○○万円也を貴殿に支払うときは、右土
  • 全体公開 2008/11/17
  • 閲覧(558) 1
  • 債務承認並びに債務弁済契約書3
  • 債務承認並びに債務弁済契約書  債権者 〇〇〇〇 (以下、「甲」という。)、債務者 〇〇〇〇 (以下、「乙」という。)、乙の連帯保証人 〇〇〇〇 (以下、「丙」という。)は、次の通り債務の承認並びに債務弁済契約を締結した。 第1条 乙及び丙は、甲に対し、連帯
  • 全体公開 2008/11/20
  • 閲覧(2,202) 1

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?