ten_made_to_beさん累積訪問者(87,334名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:32件

  • 富国強兵を目的としてとった秦の国政改革
  • 戦国時代、秦が富国強兵を目的としてとった国政改革について、他国の改革との比較も交えて論述せよ。 戦国時代に入ると、周王室の権威はまったく地に墜ちて、周室は何の力もなく諸侯も王を称するようになり、王に権力を集中して富国強兵政策をすすめる国々は、周辺諸国をつぎつ
  • 550 販売中 2009/05/09
  • 閲覧(922)
  • 世界史 第一設題
  • 秦の天下統一の意義を述べよ。 本論文の構成 設題の留意点に沿って、春秋時代、戦国時代、秦の統一までを記述した上で、最後に秦の天下統一の意義を述べる。 春秋時代 周の東遷後、諸侯の力は強まり諸侯間の対立・抗争が激しくなっていった。春秋時代の有力諸侯はこれ
  • 550 販売中 2009/05/09
  • 閲覧(630)
  • 戦後日本商業の歴史的展開と現在の問題点
  • 戦後日本商業の歴史的展開と現在の問題点 戦後の日本商業を担ってきたのは、小規模な小売商店であったが、戦後の高度経済成長時代に現れた流通革命で、画一的商品・低価格・大量販売・セルフサービスといった特徴を持ったスーパーマーケットが台頭するようになった。その結果、
  • 550 販売中 2009/04/24
  • 閲覧(1,713)
  • 戦後、政府が策定した国土計画の歴史的展開と問題点
  • ds戦後、政府が策定した国土計画の歴史的展開と問題点 戦後の復興のために、1950年国土総合開発法が制定され、今日まで5次にわたる全国総合開発計画が実行されてきた。一全総は、1962年にスタート。1960年池田内閣が発足し、所得倍増計画が打ち出された。その達
  • 550 販売中 2009/04/24
  • 閲覧(1,255)
  • 現代日本の人口問題
  • 戦後日本の人口動態を「人口理論」「生物界からの教訓」を踏まえて理解し、現代日本の人口問題とその背景を考える。 人口増加が初めて問題として扱われたのはヨーロッパであり、マルサスが始めて問題を提起した。それ以来、人口増加は爆発的に進み、とりわけ途上国の人口増加は
  • 550 販売中 2009/04/24
  • 閲覧(1,872)
  • 4つの立地論の要点とそれらの理論的相違点と問題点
  • 4つの立地論の要点とそれらの理論的相違点と問題点 立地論とは企業が事業活動の拠点をどこに立地するか、立地を決定する要因は何であるのかを研究するもので,チューネンの農業立地論・ウェーバーの工業立地論・クリスタラーの都市・集落立地論・レッシュの産業立地論などが有
  • 550 販売中 2009/04/24
  • 閲覧(5,457)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?