資料:37件

  • 公的扶助論
  • 現在の日本の制度としては、児童手当、児童扶養手当、特別児童扶養手当がある。 1.児童手当制度、目的は、児童を養育している者に対して、支給を通して児童を養育する家庭の生活の安定に寄与し、次代を担う児童の健全育成に資することである。また世代間の扶養の観点から、家計に...
  • 550 販売中 2009/09/01
  • 閲覧(1,220)
  • 医学一般
  • 生活習慣病とは、食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣がその発症、進行に関与する疾患群です。疾患群のなかで、1食習慣に関連するものとして、2型糖尿病、肥満、高脂血症、高尿酸血症、循環器病、大腸がん、歯周病、2運動習慣に関連するものとして、2型糖尿病、肥...
  • 550 販売中 2009/09/01
  • 閲覧(1,191)
  • リハビリテーション学
  • 精神科リハビリテーションの技法について 精神科リハビリテーション技法として①精神科作業療法②集団精神療法③行動療法④認知行動療法⑤心理教育プログラム⑥居住プログラム⑦デイケア及びナイトケア⑧退院プログラム・訪問がある。 ①精神科作業療法とは、医師の処方によって開...
  • 550 販売中 2008/12/20
  • 閲覧(3,662)
  • 精神保健福祉論1
  • 2005年に成立した障害者自立支援法はこれまでの障害福祉施策の根底を変えるものです。その理念とは「障害者基本法の理念にのっとり、他の障害者及び障害児の福祉に関する法律と相まって、障害者がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができ...
  • 550 販売中 2008/11/03
  • 閲覧(1,628)
  • 精神保健福祉論
  • 精神保健福祉士としてよりよい相談援助活動を行うために、新しい知識や技術を取り入れ、それに必要な原動力となるものが価値であるといえる。又、専門職として対象者である精神障害者をどのような視点でとらえればよいのか、その視点を持って精神障害者をどのように理解し関われば...
  • 550 販売中 2008/11/03
  • 閲覧(3,235)
  • 精神保健福祉援助技術総論
  • 精神疾患は一般に、その発症や症状の持続における生物学的な要因に加え、心理社会的要因が大きく関与している。また、薬物療法の進歩によって症状が改善したとしても、生活環境との力動的な相互作用によって再発、再燃のしやすさや生活のしづらさを障害としてかかえる人がいる。統...
  • 550 販売中 2008/11/03
  • 閲覧(2,509)
  • 精神保健福祉援助技術各論
  • 精神科医療の現場には多くの問題や課題が山積している。その多くは日本の精神科医療が抱えざるを得なかった事情や特質を背景にしているものである。医療チームとの協働には、まず、何より正確な現状認識が必要とされる。精神保健福祉士はその広い視野と豊かな感性、また機敏なフッ...
  • 550 販売中 2008/11/03
  • 閲覧(2,304)
  • 精神保健学
  • Ⅰ胎児期および乳幼児期 胎児期においては実際に持つ子供の数が親が思う子供数を下回っている実情がある、その負担感は「子育てにお金がかかる」「育児の体力的な問題」「子供の将来、育児の心理的負担」などが理由となっており育児ストレスが起こりやすい。又、乳児期の発達課題...
  • 550 販売中 2008/11/03
  • 閲覧(2,099)
  • 精神科リハビリテーション学
  • わが国における精神障害者のリハビリテーションが制度的に位置づけられたのは1986年のことである。同年に、雇用対策法施行規則が改正され、「精神障害回復者等」が、適応訓練の対象とされることとなったのである。また、翌1987年には、従来の身体障害者雇用促進法が改正さ...
  • 550 販売中 2008/11/03
  • 閲覧(1,450)
  • 援助の視点
  • 社会福祉活動の原則は、基本的にはクライエントに対する適切な援助を実践していくための基礎的なもので、社会福祉援助の目的や価値の基盤を構成するものである、その価値(視点)についてまとめてみたいと思う。第一に、1人の人の一度しかないかけがいのない固有の人生にかかわるこ...
  • 550 販売中 2008/11/03
  • 閲覧(2,537)
  • 精神保健福祉論
  • (明治33)精神病者監護法、日本における精神障害者に関しての初めての法律である。治安を第一義とする社会防衛思想の基、私宅監置を認めた。(大正8)精神病院法、道府県が精神病院を設置できるという法律であったが、国の予算が十分でなかったこと、私宅監置はそのまま継続された...
  • 550 販売中 2008/11/03
  • 閲覧(1,557)
  • 精神保健学、課題となる精神保健
  • バブル崩壊後、景気低迷が続き金融不況や会社の倒産、それにともなう失業者増加、そして働き盛りの中高年の自殺増加などが起こってしまい、大きな社会不安になっている。また、若者の職や将来に対する不安や不満からで定職におさまらずにニート等になる傾向も問題とされている。職...
  • 550 販売中 2008/11/03
  • 閲覧(1,376)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?