資料:11件

  • 政治学文献研究 Politics 行政府
  • 「Political Executives」 1;前文 ‘A ruler must learn to be other than good.’  (NICCOKO MACHIAVELLI ,『The Prince』(1513) 行政府は政府の単純化できないものである。政治制度は憲法、議会、司法部、と政党がなくても実行することが可能である。しかし、彼らは政策を..
  • 770 販売中 2009/06/18
  • 閲覧(962)
  • EUの政策実施  国際行政学
  • EUの政策実施→EU・欧州委員会(行政府) →加盟国中央政府の機関→中央行政機関の協力 直接的執行→欧州委員会が直接執行・・・人道援助、漁業政策、競争政策 間接的執行→加盟国行政機関を通じて執行 国際公務員の分類 恒久職員(専任職)→定年まで終身雇用 臨時職員..
  • 660 販売中 2009/06/17
  • 閲覧(592)
  • 政治学文献研究 後半
  • 358頁 Role of the executives Who’s who in the executive? 行政部(executive)→政策の執行に責任を有する本質的に複雑な組織 <分類> ‘政治的‘行政と‘官僚的’行政 政治家と官吏(civil servants)は政治と行政との関係にある 様々なレベルの特権と責任を行政は備..
  • 990 販売中 2009/06/17
  • 閲覧(627)
  • 政治学文献研究
  • 政治学文献研究 まとめ Politics as art of government    politicsという言葉は文字通り都市国家を意味するpolisに由来しおり、この中のアテネはしばしば民主政治の発祥の地として描かれる。こういった意味で、「何が政治と関係するのか」と言う点で、ポリスについて言及する事..
  • 880 販売中 2009/06/17
  • 閲覧(724)
  • 政治過程論 投票行動理論モデル
  • 政治過程論 問①、08年大統領選の投票行動理論モデルの説明 今回の大統領選では、アメリカにおいて史上初の黒人大統領誕生となったが、それに際し投票者はどのような投票行動をとったのか。今回は、業績評価モデルに着目したい。業績評価モデルとは、有権者が現政権の業績をプ..
  • 770 販売中 2009/06/17
  • 閲覧(3,864)
  • 政治過程論 政党 まとめ
  • 政党支持態度の形成→情報コストの削減(合理的) 選挙のたびに政党や候補者を判断する材料を得るのは大変だし、さらにその内容を理解するのも手間がかかるが、好みの政策支持をもっていて、その政党がおおむねその政策傾向に近ければ選挙ごとに比較検討する手間を省ける。 無党..
  • 660 販売中 2009/06/17
  • 閲覧(906)
  • 社会政策 内部労働市場 形成過程
  • 内部労働市場の形成過程を論理的に説明せよ(特殊能力や限界生産力の概念を使う) 2、労働者派遣(法)について、その歴史的過程と諸課題を説明せよ 3、多国籍内部労働市場の概念と、「二国籍」企業から「多国籍」企業への脱却方法とについて説明せよ 4、多国籍企業における海外..
  • 1,100 販売中 2009/06/17
  • 閲覧(1,304)
  • 国際行政学 EU ソフトパワー スマートパワー
  • 国際行政学 「EUとグローバルガバナンス」 このたび「EUとグローバルガバナンス」という名目にて行われた駐日欧州委員会代表部のリチャードソン大使は、約1時間ほどの講演のなかでEUのソフト―パワーについて最初はジョセフ・S・ナイを用いて、ソフトパワーとは「魅力」であると述..
  • 660 販売中 2009/06/17
  • 閲覧(722)
  • 韓国社会とグローバリゼーション
  • 「韓国社会とグローバリゼーション」  韓国社会とグローバリゼーションというテーマであるが、私が注目しているものに時事的な話題として韓国大統領選がある。12月19日に開票する韓国大統領選は、海兵隊員が襲われ、武器弾薬が奪われて候補者が遊説を取りやめるなどの選挙活動..
  • 880 販売中 2009/06/16
  • 閲覧(717)
  • 現代デモクラシー論 少子高齢化と累積債務の問題
  • 現代民主主義国家が直面する課題だが、ここでは対象を日本に特定したうえで話を進めていく。現在日本が直面している問題は山積だが、特に今後に深刻な影響をもたらすものに少子高齢化と累積債務の問題が存在する。日本は現在「人口減少化時代」になっており、今年のセンター試験の..
  • 660 販売中 2009/06/16
  • 閲覧(1,314)
  • 環境とナショナリズムの融合 環境問題の新視点
  • 「環境とナショナリズムの融合」 「きれいな水はここでしか手に入らないから・・」朝日新聞2月16日のニュースにはこう書いてあった。こう言ったのはバングラディシュに住むアシュ・ラタさん(38歳)。家から1,5キロの道を毎日二時間おきに歩いてくる彼女とその村は、海面上..
  • 550 販売中 2009/06/16
  • 閲覧(1,273)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?