資料:75件

  • 三井住友銀行 entry sheet
  • 三井住友バンク ■学生時代に打ち込んだこと■ [1] あなたが学生時代にもっとも打ち込んだことを簡潔に入力して下さい。 (30字以内) 私が最も打ち込んだことは、民事手続法ゼミの活動です。 [2] [1]の他にあなたが学生時代に打ち込んだことがあれば、簡潔に入力して下さい。...
  • 550 販売中 2009/05/11
  • 閲覧(1,315)
  • あおぞら銀行 書類通過エントリーシート
  • あおぞら銀行 設問 (6) ★ 所属するゼミ・研究室での自分の役割や担当内容をお書き下さい。 (全角 200 文字以内) 民事訴訟法ゼミは人数が少ない(3人)ので、はっきりとした役割分担はしませんでした。あえて自分の役割を考えると、リーダー的存在だったと思います。ゼミで...
  • 1,100 販売中 2009/03/23
  • 閲覧(2,714)
  • 第一生命 法務部門 entry
  • 第一 法務 ●学内外にかかわらず、あなたが学生時代に最も力を入れたこと、自信をもって語ることができる経験について具体的に教えてください。 (300文字以内) 私が学生時代に最も力を入れたことは、民事手続法ゼミでの活動です。最初のうちは自分が満足いくまで課題を調べる...
  • 550 販売中 2009/03/23
  • 閲覧(1,418)
  • 多重債務問題 自治体 対策
  • 商法特講レポート テーマ「多重債務者問題に取り組む自治体レベルの努力と課題について述べよ」 (1)始めに 生活の困窮などをきっかけとしてサラ金から高い金利で借り、その返済から逃れるためにさらに他の金融機関からお金を借りてその返済に充てる。そのようなことを繰り返...
  • 660 販売中 2009/02/02
  • 閲覧(1,583)
  • 民事訴訟法 ダメ答案2 既判力基準事後の形成権行使
  • 民事訴訟法第2部 答案2 判決が確定すると、主文中の判断に既判力が生じる(114条1項)。既判力とは、基準時における訴訟物の存否を確認する効力である。既判力の基準時は口頭弁論終結時である。前訴の口頭弁論終結時前に存していた事由に基づいて後訴を提起することは原則許され...
  • 全体公開 2009/02/01
  • 閲覧(3,886) コメント(1)
  • 債権譲渡レジュメ
  • 債権譲渡 債権も財産権の一つなので売買の対象となりうる。今回は、債権を移転(譲渡)した場合にそこで生じる問題について見ていく。 財産権…経済的取引の客体を目的とする権利の総称。人格権や身分権に対する対立する意味で用いられる。「物権」「債権」「知的財産権」などがこ...
  • 770 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(1,839)
  • 民訴・一部請求・既判力
  • テーマ:「一部請求と訴訟物の範囲」 1 問題提起 可分的な債権の一部に関して訴訟をした後、残りの部分についての訴訟をすることが許されるか、というのが今回の問題となる。訴訟物が既判力の客観的範囲の基準となるため、訴訟物の範囲が関係してくる。 2 諸説について 一部請...
  • 550 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(3,106)
  • 選択的併合
  • テーマ:「選択的併合」概念の必要性 1 選択的併合に関する議論 「選択的併合」とは、数個の請求のうちいずれか1個の請求が認容されることを、他の請求についての訴えの申立ての解除条件とする併合形態のことである。 雉本は、原告の便宜・裁判の迅速化の観点から「選択的併合...
  • 550 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(5,343)
  • 判例 破産管財人の善管注意義務
  • 民事手続法判例 研究判例・・・最判H18・12・21(→ 2つの事件) ~破産管財人の善管注意義務~ -裁判所の判断- ○ 事件Ⅰ(第276号事件 質権者から債権回収の委託を受けたX1のYに対する訴え) 事件Ⅰでは、①旧破産法164条(85条?)の善管注意義務違反による損害賠償の成否...
  • 660 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(3,971)
  • 裁判員制度についての感想
  • 裁判員制度についての感想 裁判員制度とは、一般市民の社会常識を裁判に反映させるために、一定の重大事件について国民に刑事裁判への参加を義務付けるものである。しかし、裁判員制度にはいくつかの問題点が存在する。 第一に、刑事事件における事実認定...
  • 550 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(5,561)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?