資料:25件

  • 第19回:責任能力
  • 第19回 課題レポート  「責任能力」 ケース  1.Aには酒乱の癖があり、これまでも酒を飲んで人に傷害を加えたことがあった。ある日、Aは自己の酒乱の癖を利用してXを殺害しようと計画して、一緒に酒を飲もうとXを誘い、高度の病的酩酊下でXを殺害した。  2.Aが途中で酔..
  • 550 販売中 2009/06/23
  • 閲覧(628)
  • 第18回:被害者・患者の同意(安楽死・尊厳死)
  • 第18回 課題レポート 「被害者の同意・患者の同意」 ケース  交通事故で重傷を負い緊急手術の必要があったAは、宗教上の理由から、輸血を強く拒んだ。しかし、医師Xは、輸血なしで手術すると偽ってAに全身麻酔を施し、輸血をしつつ手術を行った。Xは逮捕・監禁罪および傷害罪..
  • 550 販売中 2009/06/23
  • 閲覧(1,197)
  • 第15回:中間テストの問題
  • 第15回 レポート課題  ケース  Aは友人B宅で、Bとともに、トリエン含有のシンナーを吸引した。Aはトリエン含有のシンナーは違法であることを認識していたが、Bの所有していたものにはトリエンが含まれていないと思っていた。そのシンナーを吸引したBはショック症状を起こし..
  • 550 販売中 2009/06/23
  • 閲覧(441)
  • 第13回:事実の錯誤2
  • 第13回 レポート課題  「事実の錯誤(2)」 ケース  Aは、Xの彫像を損壊する意思でライフル銃を発砲したところ、弾丸がそれて友人Yに当たり、Yが死亡した。Xの罪責について、厳格な構成要件的符合説、抽象的符合説、法定的符合説からの結論を比較し評論せよ。  はじめに、..
  • 550 販売中 2009/06/23
  • 閲覧(826)
  • 第12回:事実の錯誤
  • 第12回 レポート課題  「事実の錯誤」 事例1 Aは、窓際で新聞を読んでいる老人をXだと思い、殺意を持ってその老人に向けてライフル銃を発砲し、射殺した。Aが死体に近づいて顔を見たら、その老人はXではなく、Xによく似たYであった。 事例2 Bは、Xを射殺する意図でXに..
  • 550 販売中 2009/06/23
  • 閲覧(708)
  • 第11回:故意
  • 第11回  レポート課題 「故意」  ケース  アメリカ合衆国国籍のXは、Yに脅迫されて、台湾から航空機で覚せい剤約3000グラムを腹巻のなかに隠して運び、成田空港を経由して本邦内に密輸入した。Xには、それが覚せい剤だという認識はなかったが、その形状や感触等から、少なくと..
  • 550 販売中 2009/06/23
  • 閲覧(608)
  • 窃盗罪2(事例)
  • 窃盗罪 Xは、自動車をもって訪れた客に、時価の5分の1程度の融資金額を示したうえ、用意してある買戻約款付自動車売買契約書に署名押印させて融資をしていた。契約書の内容は、借主が自動車の所有権と占有権を被告人に移転し、買戻期限までに一定の利息を付した金額を払って買戻権..
  • 550 販売中 2009/06/23
  • 閲覧(692)
  • 傷害罪(事例)
  • 傷害罪 Xは、隣人のAに嫌がらせをするため、約1年半にわたり、毎日、早朝から深夜にかけて、もっとも隣家に近い窓際に置いたラジオや目覚まし時計を、大音量で鳴らし続けるなどした結果、Aを慢性頭痛症にさせた。しかも、この様子をビデオカメラで撮影して警察に届け出た近所の..
  • 550 販売中 2009/06/23
  • 閲覧(1,083)
  • 住居侵入罪(事例)
  • 住居侵入罪 Xは、労働組合の春季闘争の一環としてA郵便局にビラ約1000枚を貼付することとし、午後9時30分頃、他の6名の組合員とともに同郵便局に赴き、無施錠の通用門を通り、宿直員(組合員)に声をかけてその黙認のもと、土足のまま局舎内に立ち入った。同郵便局の管理権者である..
  • 550 販売中 2009/06/23
  • 閲覧(794)
  • 罪数論(事例)
  • 罪数 Xは、犯行当日、夜中の2時すぎから未明にかけて、Aが管理する事務所に忍び込み、パソコンや事務機器類を順次運び出し、あらかじめ用意しておいた軽トラックに積み込んだ。また、上記の荷物を運び出す途中で、事務机の中にA名義の預金通帳があるのに気づいたので、Aの預金を不..
  • 550 販売中 2009/06/23
  • 閲覧(649)
  • 故意犯(事例)
  • 故意 【問題】 Xは、甲が要求に応じなければ甲を殺してしまおうと考え、ナイフを持って話し合っていたところ興奮して取組み合いの喧嘩になり、もみ合っている間にナイフが甲の胸に突き刺さり死なせてしまった。Xの罪責はどうか。  まず、本問における問題の所在は、Xの行為と甲..
  • 550 販売中 2009/06/23
  • 閲覧(712)
  • 因果関係(事例)
  • 事例問題 因果関係 (1) 被告人Xは,平成16年3月6日午前3時40分ころ,普通乗用自動車後部のトランク内に被害者Aを押し込み,トランクカバーを閉めて脱出不能にし、同車を発進走行させた後,呼び出した知人らと合流するため,大阪府岸和田市内の路上で停車した。その停車し..
  • 550 販売中 2009/06/23
  • 閲覧(1,124)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?