資料:11件

  • スポーツにおけるアマチュアリズムの考察
  • スポーツにおけるアマチュアリズムの概念とその問題点 1、アマチュアリズムについての概略 「アマチュアリズム」とは、19世紀後半、オリンピック創始者のクーベルタンが提唱した概念で、スポーツによる金銭的な報酬を受けるべきではないという理念のことを指す。クーベルタンは、古..
  • 550 販売中 2010/05/13
  • 閲覧(3,626)
  • 水野直樹「創氏改名」の要約と考察
  • 水野直樹『創氏改名』の要約と考察 序  本書は、日本の朝鮮支配期の1910年から1945年にかけて、占領政策の象徴として行われた創氏改名の政策について、その特徴や日本政府内の複雑な意図、朝鮮人への影響過程やその帰結の考察を行っている。  創氏改名に関しては、現在に至っても未..
  • 550 販売中 2009/12/17
  • 閲覧(1,123) コメント(1)
  • 西洋世界によるイスラーム誤認
  • 西洋世界によるイスラーム誤認の一例にしてその最大のものの一つとして、「自由」の価値についての認識の相違がある。「自由」の価値概念は西洋とイスラーム世界において根本的に異なるため、しばしばその誤認と無理解は衝突を生み、またその原因にも関心が払われていないため、事..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(735) コメント(1)
  • 性の多様性・両性性、性と人権
  • 私たちは一般的に、男女の性別は生物学的また心理的にも明確に区別された別個の存在であると思ってきた。しかしそのような二分法的な視点からは、現在の様々な性に関する問題、例えば性同一性障害、同性愛などのマイノリティーの差別問題や、性別役割分業の問題点を相対化し、正確..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,096) コメント(1)
  • 言語と社会―「差別語」から考える
  • 言語と社会―「差別語」から考える 0、序  言語と社会との関係性について、「差別語」という題材から考えていきたい。 言語は単に現実をそのまま写す鏡や記号ではなく、その使用者の意識無意識に関わらず、積極的な価値認識や世界了解の視点を与えるといった社会的な機能をもつ..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,186)
  • 現代日本における性別分業論
  • 現代日本における性別分業論  21世紀に入った現代日本においては、近代社会にみられたような典型的な性別分業論は後景化したように感じられる。ここで言う典型的な性別分業論とは、19世紀のコントや20世紀のパーソンズの研究にみられるように、その根拠付けに多少の差はあるものの..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(2,767)
  • レーガン政権のマイノリティ政策
  • 1981年に誕生した共和党のレーガン政権は、ヴェトナム戦争の敗北やイラン革命によって決定的に揺らいだ「強いアメリカ」の自画像、それに付随する国際的覇権の再確立を目指し、国内外において様々な改革に着手した。このレーガン政権による、新保守主義・新自由主義的な改革は、現..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,107)
  • 近代家父長制と家族
  • 第3部 近代家父長制と家族 序  第3部では、近代市民社会の性格とそこで生まれた近代家父長制の歴史的変動過程とその特徴について分析し、現代家族像の把握のための前提としての近代家族像の考察を行った。  以下では、市民革命と近代社会の特質、近代家族の成立と労働者世帯へ..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,818)
  • イスラムと西洋の価値観の相違
  • 現在、イスラームが西洋から敵意を受ける要因として、まずは以下のような西洋とイスラームの根本的な価値体系の相違が考えられる。  西洋世界は近代化の過程で、人間の理性にもとづく価値体系・社会規範を築き上げ、宗教から脱し世俗化していく過程こそが進歩だとみなすようになっ..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(774)
  • アメリカにおけるマイノリティの市民権戦略ー黒人と女性
  • アメリカにおけるマイノリティの市民権戦略 序  アメリカ合衆国はその建国以来、多様な「人種」や「民族」集団を内包または排除することにより、その歴史を進めてきた。アメリカ「市民」は「人種」や「民族」に関わりなく、「自由・民主主義」という建国理念の下に集まった共同体と..
  • 660 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(2,121)
  • アメリカの抗議運動史と「国民」の境界ー黒人解放と反帝国主義からの考察
  • アメリカの抗議運動と「国民」の境界 序  アメリカ合衆国はその建国以来、多様な「人種」や「民族」を内包または排除することにより、その歴史を進めてきた。「アメリカ国民」は「人種」や「民族」に関わりなく、「自由・民主主義」という建国理念の下に集まった共同体とみなすこと..
  • 660 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(971)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?