資料:7件

  • 個的社会における福祉政策論
  • 福祉社会論 ―集団主義社会から個的社会へ― 20世紀末から、福祉国家の基礎が、個的社会へと変質してきており、それにともない福祉社会と社会政策は新たな原理での再編が進んでいる。 福祉国家のはじまりの19世紀後半から20世紀にかけては、家族や企業、中間団体などの組織が社会の..
  • 550 販売中 2010/05/13
  • 閲覧(1,088)
  • 胎児の自立性
  • 最近の胎児研究の成果として、胎児の「自立性」が明らかにされてきた。つまり、胎児は母体に一方的に依存し子宮内で眠っているだけの、無力で受動的な存在であるという認識を改め、自ら胎内で成長しようとする積極的存在として胎児を捉える必要性が強調されてきたのだ。「胎児の自..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(633) コメント(1)
  • 現代日本における家族問題について
  • 現代日本における家族問題について 現代日本においては、他先進諸国と同様に、核家族、性別分業などが中心概念である「近代家族像」が崩壊して行く過程で様々な新しい家族現象が生じてきている。具体的には、正式な届出をしない事実婚の増加、子を産まずに共働きする夫婦の増加、同..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(10,414)
  • 現代日本における性別分業論
  • 現代日本における性別分業論  21世紀に入った現代日本においては、近代社会にみられたような典型的な性別分業論は後景化したように感じられる。ここで言う典型的な性別分業論とは、19世紀のコントや20世紀のパーソンズの研究にみられるように、その根拠付けに多少の差はあるものの..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(2,769)
  • 現代社会における構造性と流動性―移民現象からの考察
  • 現代社会における構造性と流動性―移民現象からの考察 はじめに  現代のグローバル社会において、「移民」は大きな社会的現象となっており、その様相・形態はますます多様化している。「移民」は、文字通り人の移動を指すことから「流動」的な現象であり、既存の社会構造を変えつつ..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,686) コメント(1)
  • 近代家父長制と家族
  • 第3部 近代家父長制と家族 序  第3部では、近代市民社会の性格とそこで生まれた近代家父長制の歴史的変動過程とその特徴について分析し、現代家族像の把握のための前提としての近代家族像の考察を行った。  以下では、市民革命と近代社会の特質、近代家族の成立と労働者世帯へ..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,819)
  • 家族発展史の研究と論争
  • 家族発展史の研究の系譜と論争  家族研究における論争は19世紀中葉から始まった。当初は「家族の起源」がその争点となり、バッハオーフェン、モルガン、エンゲルスらが論壇の中心であった。  スイスの学者J・J・バッハオーフェンは、母権制論や複数婚制論の提唱者として知られて..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(791)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?