資料:18件

  • 初期中絶と中期中絶
  • 現在、日本で合法的であると認められている人工妊娠中絶期間は妊娠22週未満、すなわち21週と6日までである。そのうち12週未満の人の場合は初期中絶、12週以後の人の場合は中期中絶といって、手術方法や法的扱いに以下のような差異がある。 まず初期中絶の場合であるが、その手術は..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,890) コメント(1)
  • 西洋世界によるイスラーム誤認
  • 西洋世界によるイスラーム誤認の一例にしてその最大のものの一つとして、「自由」の価値についての認識の相違がある。「自由」の価値概念は西洋とイスラーム世界において根本的に異なるため、しばしばその誤認と無理解は衝突を生み、またその原因にも関心が払われていないため、事..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(735) コメント(1)
  • 承諾誘導の方法-『影響力の武器』-
  • 承諾誘導の方法 参考文献:『影響力の武器[第二版]』 ロバート.B.チャルディーニ 著  他人の承諾を得るプロ、例えばセールスマン、募金勧誘者、広告主などが用いる承諾誘導の手法は、その多くが6つのカテゴリーに分類できる。それらは以下に述べる返報性、一貫性、社会的証明、..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,253)
  • 言語と社会―「差別語」から考える
  • 言語と社会―「差別語」から考える 0、序  言語と社会との関係性について、「差別語」という題材から考えていきたい。 言語は単に現実をそのまま写す鏡や記号ではなく、その使用者の意識無意識に関わらず、積極的な価値認識や世界了解の視点を与えるといった社会的な機能をもつ..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,186)
  • 現代日本における家族問題について
  • 現代日本における家族問題について 現代日本においては、他先進諸国と同様に、核家族、性別分業などが中心概念である「近代家族像」が崩壊して行く過程で様々な新しい家族現象が生じてきている。具体的には、正式な届出をしない事実婚の増加、子を産まずに共働きする夫婦の増加、同..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(10,408)
  • 現代日本における性別分業論
  • 現代日本における性別分業論  21世紀に入った現代日本においては、近代社会にみられたような典型的な性別分業論は後景化したように感じられる。ここで言う典型的な性別分業論とは、19世紀のコントや20世紀のパーソンズの研究にみられるように、その根拠付けに多少の差はあるものの..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(2,769)
  • レーガン政権のマイノリティ政策
  • 1981年に誕生した共和党のレーガン政権は、ヴェトナム戦争の敗北やイラン革命によって決定的に揺らいだ「強いアメリカ」の自画像、それに付随する国際的覇権の再確立を目指し、国内外において様々な改革に着手した。このレーガン政権による、新保守主義・新自由主義的な改革は、現..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,108)
  • 客観報道とジャーナリズム―薬害肝炎報道より
  • 客観報道とジャーナリズム―薬害肝炎報道より 【要約】  客観報道の現状と展望について、薬害肝炎訴訟に対する報道をもとに考察した。  客観報道とは、報道機関がニュースを伝える際にジャーナリストの主観や意見を入れずに、事実に基づいた報道を行う、という原則である。しか..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(961)
  • ドイツサッカーの歴史と変遷
  • ドイツサッカーの歴史と変遷 1、ドイツサッカーの創生期  サッカーはかなり早い段階でドイツへ渡ってきた。それはイングランド人がまだサッカーの諸ルールを明確に定義していないくらい早い時期であり、その当時はサッカーとラグビーの境界線ははっきりとしていなかった。19世紀末..
  • 660 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(3,535)
  • EMS企業のサプライチェーン戦略
  • EMS企業は、電子機器などの製造工程を請け負うサービスをアジア中心にグローバルに展開し急成長を遂げているが、以下では国際社会におけるEMSの果たす役割やその問題点についてバリューチェーン・商品連鎖といった観点から検討し、その上で国際社会学的なアプローチ・対抗策につい..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,134)
  • イェーナ初期のヘーゲルの思想的模索―弁証法思惟の形成期
  • イェーナ初期のヘーゲルの思想的模索―弁証法思惟の形成期 0.序  ドイツ観念論を代表する思想家であり「弁証法」で広く知られるヘーゲルは、1801年から1807年までをドイツのイェーナで過ごした。このイェーナ期は、ヘーゲル哲学の形成過程において決定的な意義を持つといわれてい..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(913)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?