児童心理学_設題1

閲覧数1,116
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 9ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    家庭と地域社会における保育のあり方について述べよ。
    Aでした

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「家庭と地域社会における保育のあり方について述べよ。」
    1.はじめに
    家庭と地域における保育には、児童の生存を保障する養護の側面と心身の健やかな成長.発達を保障し、助長する教育の側面が一体になった保育が望まれる。家庭や地域での保育は共に子どもの「社会性」や「自立性」を促進する役割を果たしているからである。
    しかし近年、地域社会、家庭環境は様々な変化を遂げ、それらは必ずしも子どもにとって、適切な役割を果たしているとは限らない。
    ここでは、現代社会における家庭や地域での保育や子育てのあり方について述べる。
    2.家庭の変化と子どもへの影響
    子どもをとりまくさまざまな環境の中で、もっとも大きな影響力をもっているのが家庭であり、それを構成する家族である。家庭はヒトが生を受けて出会う初めての環境であり、血縁を軸に情緒的に強く結びついた社会の最小単位である。乳幼児期、児童期、青年期と、ヒトが人として成長していく過程で、家庭の果たす役割は異なっていくものの、その重要性は変わることはない。
    しかし、その「家庭」は、社会の急激な変化の中で変容し、それが子ども達に様々な影響を及ぼしている。
    昨今、子ども達が...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。