一緒に購入された資料 :: 気管支喘息

資料:11件

  • 気管支喘息患児の看護 看護計画
  • 気管支喘息患児の看護 < 看 護 > 看 護 目 標 安楽な呼吸ができる。 自立した規則正しい生活が行える。 発作を予防することができる。 看護のポイント 発作時の患児の恐怖・不安感が強い為、対処によって症状が左右する。よって、適切な判断と対処が大切である。 患児が自立でき...
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(14,823)
  • パンフレット「喘息パンフレット」
  • パンフレット「喘息パンフレット」 目的 重症度について、医療者、喘息児、養育者が共通の理解をもつことは喘息の治療をしていくうえでとても重要である。気管支喘息児にとって非発作時の状態をできるだけ長期間持続できるよう援助することは重要なケアのポイントである。また、軽...
  • 550 販売中 2009/04/07
  • 閲覧(4,105)
  • 小児疾患レポート (呼吸器系、消化器系、痙攣、てんかん)
  • 受け持つことが予想されるあるいは、学習の機会がある病態 呼吸器系の炎症性疾患 小児の呼吸器の特徴と呼吸器疾患 乳児期には咽頭・喉頭がやわらかく、狭い。また気管・気管支の直径が狭く、抹消の気管支壁を構成する平滑筋組織も十分に発達していない。そのため感染などによる浮...
  • 550 販売中 2009/04/06
  • 閲覧(6,420)
  • 気管支喘息レポート(Bronchial Asthma) 7ページ
  • 気管支喘息(Bronchial Asthma)について <概論> 気管.気管支が種々の刺激に対して反応性を高め、その為気道の狭窄(形態学的には気管支痙攣・気管支粘膜腫脹・粘液分泌亢進などを)を起こして、痙攣性の呼気性呼吸困難と咳・喘鳴などをおこす疾患で、その状態は自然に、あるいは...
  • 550 販売中 2009/04/28
  • 閲覧(2,981)
  • 病弱教育Ⅱ
  • 『小児慢性特定疾患の一つを取り上げ、その病態の特徴について略述し、その疾患に関する指導上の配慮点、支援のあり方についてまとめなさい。』 小児慢性特定疾患とは、治療が長期に及び、その医療費の負担も高額となる疾患のことをいう。小児慢性特定疾患は認定制度で運用されて...
  • 550 販売中 2010/06/12
  • 閲覧(1,476)
  • 小児看護試験対策
  • 小児看護試験対策 A小児の養護 沐浴 ・入浴時間は10分以内で、お湯につかっている時間は4~5分 ・授乳あるいは食事1時間以内は避ける ・目は目がしらから目じりに向けて拭く 衣服 ・厚い服を1枚着せるより、薄いものを重ねて着せる 睡眠 ・小児は成人よりも、長時間の睡眠を...
  • 550 販売中 2010/09/24
  • 閲覧(1,063)
  • 小児看護試験対策2
  • 小児看護試験対策2 乳児の体重は3~4ヶ月で、出生時の約2倍になる 出生時の男児の平均体重は、女児より重い カウプ指数は、6歳までの児に適用する 首が完全にすわるのは、3~4か月である 3才で片足で立ち、三輪車をこげる 母乳にはVitaminKが少ない 2~3歳の乳児には、間...
  • 550 販売中 2010/09/24
  • 閲覧(1,099)
  • 小児看護試験対策3
  • 小児看護試験対策3 乳児死亡とは、生後1年未満をいう 新生児死亡とは、生後4週未満をいう 生理的新生児黄疸は、生後2~3日頃より出現する ・新生児の皮膚は生後3日頃から表皮が剥脱する アプガースコア5項目は出生時の呼吸、心拍数、反射、筋緊張、皮膚の色である 新生児仮...
  • 550 販売中 2010/09/24
  • 閲覧(1,205)
  • 39.ストレス
  • ストレス 1 症状が生じる病態生理 1.ストレスとは-ストレッサーとストレス反応 身体に対するあらゆる刺激(ストレッサー)に対する身体の防衛的,生理的反応をストレス反応という。ストレッサーには大きく分けて,物理的ストレッサー,化学的ストレッサー,生物学的ストレッサー,心理...
  • 550 販売中 2010/10/07
  • 閲覧(1,897)
  • 検査の方法と看護
  • 検査の方法と看護 1.痰の検査 痰の検査は、呼吸器疾患の診断や経過の把握および治療効果判定のうえで、重要な意義をもつている。現在でも、痰の検査はその臨床的価値を失っていない。 疾の検査は、痰の採取の方法、保存の方法が、検査精度を左右する。痰の出させ方から始まり、そ...
  • 550 販売中 2010/10/18
  • 閲覧(2,168)
  • 症状と看護
  • 症状と看護 1.咳嗽(咳) 1.咳嗽の意義 咳嗽は、肺内の空気が気道を通じて有声で爆発的に吐き出されることをいう。気道に侵入した異物や下気道内の分泌物を喀出し、気道を保護する防御反応である。 咳嗽反射は、主として咽頭、気管、気管支粘膜の刺激が迷走神経求心路を介して、...
  • 550 販売中 2010/10/18
  • 閲覧(2,777)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?