資料:6件

  • 学術・専門資料の定義とその流通、収集、提供について
  • 序 専門資料とは「ある特定の学問(あるいは学術)分野の研究の基礎となる材料で、何らかの媒体に情報が記録されているもの」(注1)と定義される。記録される媒体はどんな種類でも良いが、記録されている情報が特定学問分野の研究に用いられなくてはならない点が専門資料と他の...
  • 1,430 販売中 2011/06/09
  • 閲覧(2,019)
  • 図書館員の果たすべき役割について
  • 先のレポート、「情報化社会と生涯学習時代における公共図書館の役割と意義について」でも述べたように、現代の情報化社会、生涯学習時代において、「情報格差の改善」や「情報リテラシーの育成」などの課題を現代の公共図書館は積極的に取り組んでいる。また、このような背景を踏...
  • 1,430 販売中 2011/01/10
  • 閲覧(1,404)
  • 集中目録作業と共同目録作業の意義と違い
  • はじめに 図書館における目録作業とは、目の前に物理的に存在する資料の身代わりを作成することである。つまり、利用者に存在する資料を提供、提示するには、書架の上に並べることで果される。しかし、その資料が他の利用者に利用されている状態になると、書架に並べる方法だけでは...
  • 1,430 販売中 2011/01/10
  • 閲覧(15,764)
  • 公共図書館における貸出しの意義
  • はじめに 図書館法によれば、図書館とは「図書、記録その他必要な資料を収集し、整理し、保存して、一般公衆の利用に供」する施設である。様々な資料に記録された情報は、図書館で収集、組織、保存され、最終的には利用(提供)されることで、図書館の価値が証明される。資料提供と...
  • 1,430 販売中 2010/12/27
  • 閲覧(1,389)
  • 図書館資料の特徴と意義
  • はじめに 図書館サービスを成り立たせるには、図書館資料の存在が最も重要である。図書館では、様々な種類の資料を収集、整理、保管している。ここでは、図書館資料のそれぞれの特徴と意義を述べていきたい。 1 図書 図書とは、様々な情報を、文字を中心とした図や絵、写真などに...
  • 1,430 販売中 2010/12/21
  • 閲覧(2,400)
  • 図書館資料の分類の意義
  • 1,はじめに 日本の図書館法(1950年)、学校図書館法(1953年)によると、図書館業務は、資料の収集、整理、保存、利用者への提供(ともに第2条)とされる。条文の中にみられる「整理」はその後「資料組織化」と呼ばれるようになった。図書館資料へのアプローチを著者名、...
  • 1,430 販売中 2010/11/24
  • 閲覧(5,774)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?